「小行列式」の版間の差分

 
=== 余因子行列と逆行列 ===
{{main|正則行列|余因子行列}}
余因子により、正則行列の逆行列の成分を書き下すことができる。正方行列 {{mvar|A}} の全ての余因子を成分とする正方行列の[[転置行列]]は'''{{仮リンク|古典随伴行列|label=[[余因子行列|en|Adjugate matrix}}]]''' (adjungate matrix) あるいは'''古典随伴行列''' (classicical adjoint matrix) と呼ばれ、{{math|{{Tilde|''A''}}}} や {{math|adj ''A''}} で表す:
:<math>\widetilde{A} = \operatorname{adj}(A) = \begin{bmatrix}
\widetilde{a}_{11} &\widetilde{a}_{21} &\cdots &\widetilde{a}_{n1} \\
匿名利用者