「エマ・ハミルトン」の版間の差分

m
サー・ウィリアムは、すっかりエマに魅了され、グレヴィルにとっては衝撃だったが、1791年9月にサー・ウィリアムはエマと正式に結婚した。サー・ウィリアムの愛人だった頃から、エマは自ら「アティテュード」(Attitudes)と呼んだ、ポーズや踊り、演技を取り混ぜて表現する見せ物で人気を得ていた。数枚のショールを使い、[[ギリシャ神話]]の[[メデイア]]から女王[[クレオパトラ7世|クレオパトラ]]まで、多くの古典的な題材を見せたのである。彼女の演技は、貴族・芸術家・作家を魅了した。その中には[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]<ref>『イタリア紀行』中、p.44、ゲーテ、相良守峯訳、岩波文庫</ref>も含まれていた。王や王妃たちのみならず、新しい舞踊の流行はヨーロッパ中に広まり、彼女の着たギリシャ風のドレープのたっぷりとしたドレスも知られるようになった。
 
エマは、ナポリ王妃[[マリア・カロリーナ・ダズブルゴ|マリア・カロリーナ]]と友人関係となった。[[1793年]]、[[トゥーロン攻囲戦]]で[[フランス]]共和軍を攻撃するため、特使として援軍を求めてやってきた[[ホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)|ホレーショ・ネルソン]]を、ナポリ公使夫人として歓迎した。5年後、[[アブキール湾の海戦]]で戦勝してネルソンは再びナポリへやってきた。彼の容貌は様変わりしていた。彼は片腕と歯のほとんどを失い、ひとしきり続く咳に悩まされていた。エマは彼と再会すると、異様な容貌に失神してしまったという。ほどなくして、エマとネルソンは恋に落ちた。周囲には寛大に見られており、エマの夫サー・ウィリアムもそうだった。
 
[[1801年]]、エマは、[[ピカデリー]]にサー・ウィリアムが借りた家でネルソンの娘、[[w:{{仮リンク|ホレイシア・ネルソン|en|Horatia Nelson|label=ホレイシア]]}} (1801-1881) を出産した。同年の秋、ネルソンは現在の[[ウィンブルドン (ロンドン)|ウィンブルドン]]郊外にあたるマートン・プレイスに、倒れそうな古い家を購入した。二人は、サー・ウィリアムとも開けっぴろげに生活し(時にはエマの生母も加わった)、この不思議な世帯は一般庶民の関心を呼んだ。新聞は彼らの動向や、エマのファッション、家の内装、ディナーパーティのメニューまで掲載した。
 
[[1803年]]にサー・ウィリアムが亡くなり、ネルソンも第2子妊娠中のエマを残して海へ戻った。エマは孤独で、ネルソンの帰りを待って物狂いのようになった。エマの生んだ女の赤ん坊は数週間しか生きられず、空っぽの心を抱えてエマはギャンブルや金の浪費に日々を過ごした。
 
== ホレイシア ==
{{仮リンク|ホレイシア([[:w:・ネルソン|en|Horatia Nelson]])|label=ホレイシア}}はその後、[[イングランド国教会]]の[[牧師]]フィリップ・ワードと結婚し、1881年まで生きた。2人は10人の子の親となった。ホレーショ、エリナー・フィリッパ、マーマデューク、ジョン・ジェイムズ、ネルソン、ウィリアム、エドムンド、ホレイシア、フィリップ、キャロラインである。
 
== 脚注 ==
29,187

回編集