「ゴリアテ」の版間の差分

81.110.228.94 (会話) による ID:79772834 の版を取り消しLTA:ENS - Wikipedia:投稿ブロック依頼/81.110.228.94 提出中のIPアドレスによる編集)
タグ: 差し戻し済み
(81.110.228.94 (会話) による ID:79772834 の版を取り消しLTA:ENS - Wikipedia:投稿ブロック依頼/81.110.228.94 提出中のIPアドレスによる編集))
タグ: 取り消し
[[ファイル:David gegen goliath2.jpg|thumb|13世紀に描かれたダビデとゴリアテの絵]]
[[ファイル:Osmar Schindler David und Goliath.jpg|thumb|ダビデと対峙するゴリアテ]]
'''ゴリアテ'''({{Rtl翻字併記|he|גָּלְיָת|Golyat|n|区=、}})は、[[旧約聖書]]の「[[サムエル記]]」に登場する[[ペリシテ人]]の[[巨人 (伝説の生物)|巨人]]兵士。[[英語]]発音で'''[[ゴライアス]]'''({{En|Goliath}})とも呼ばれる。
 
身長は6[[キュビト]]半<ref name="17章" />(約2.9メートル<ref>ただし、[[七十人訳聖書|七十人訳ギリシャ語聖書]]版では「4キュビット半(約2m)」となっている。 同書のサムエル記の部分は日本語訳が2017年現在まだないが、フラウィウス・ヨセフスの『[[ユダヤ古代誌]]』(第6巻171節に該当の記述がある)はこの版を参考にしているので、そちらの日本語訳(『ユダヤ古代誌 2』秦剛平 訳、ちくま書房、1999年、P165)で確認は可能(表記はギリシャ語の「4ペークスと1スピタメース(約6フィート8インチ)」になっている。)。 なお筆者のヨセフスは4キュビット半でも「とてつもなく巨大な男」「怪物」とゴリアテを評している(同書同節)。</ref>)、身にまとっていた銅の小札かたびら([[鎧]])は5000[[シェケル]]<ref name="17章">{{cite web| title=第一サムエル記17章| url=http://homepage3.nifty.com/IUCC/bible/o0917.html | accessdate=2010年8月27日}}</ref>(約57キログラム)、[[槍]]の鉄の刃は600シェケル<ref name="17章" />(約6.8キログラム)あったという。このため他より大型な生物の種小名や乗り物など、巨大さの象徴としてこの名が使われている。