「勝南桜聡太」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
茅ヶ崎市立梅田小学校時代にテレビで[[幕下]]の取組を見て相撲に興味を持った。[[茅ヶ崎市立梅田中学校]]では1年次より[[陸上競技]]部に所属して、1500mの[[長距離走]]を専門としていた<ref name="BBMsumo201510p109">[[ベースボール・マガジン社]]刊 『[[相撲 (雑誌)|相撲]]』 2015年10月号(秋場所総決算号) 109頁</ref>。同中学卒業後は[[高校]]に進学せず、陸上競技の活動を継続すべく、独自の筋力トレーニングを研究した。その生活の最中、四股及び摺り足が陸上競技に必要な筋肉の鍛錬に最適である旨を知り、実際に試みて手応えを感じたことで入門を決意。[[北桜英敏|北桜]]と一緒に写真を撮ってもらった際、その人柄に好感を持ったという理由から、北桜が現役引退後に継承し師匠を務める[[式秀部屋]]に単身で訪問し、入門志願を直訴した<ref>{{Cite news |title=序ノ口「服部桜(はっとりざくら)」誕生 |newspaper=タウンニュース茅ヶ崎版 |date=2015-10-23 |url=http://www.townnews.co.jp/0603/2015/10/23/305491.html |accessdate=2017-03-29}}</ref>。この時は両親の承諾が得られていなかったことから、式秀には入門を認められず、自宅へ戻るよう命じられた<ref name=":0">{{Cite news |title=序ノ口力士の敗退行為と今後 |newspaper=日刊スポーツ |date=2016-09-18 |url=http://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/1711245.html |accessdate=2017-03-29}}</ref>。しかし、その後は両親の承諾を得たことで正式に入門が認められて、[[2015年]]9月場所で初土俵を踏んだ<ref name="hatonum">Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春愁、2017年4月10日)p73-75</ref>。
 
本名に因んだ'''服部桜 祥多'''の[[四股名]]で出場した[[前相撲]]では同期で入門した他の3名の新弟子全員と対戦。5日目の3戦目([[武蔵川部屋]]の葉梨戦)では立合い直後に意図的に[[尻餅]]をつく行為に及び、これを[[待った]]と認識した[[両国梶之助|境川]][[勝負審判|審判]]がやり直しを提案したものの、服部桜本人が「待ったではなく、バランスを崩した」<ref name="BBMsumo201510p109" />旨の返答をしたため、[[決まり手]]「[[押し倒し]]」として勝負が成立した<ref>同取組における敗退行為は、前相撲だったこともあり、後述の錦城戦のように取沙汰されることはなかったとされる。</ref>。出世披露では師匠の実弟である元幕内・[[豊桜俊昭|豊桜]]の化粧廻しを締めた<ref name="BBMsumo201510p109" />。
 
翌2015年11月場所に初めて[[番付]]に[[四股名]]が掲載されて以降、本場所では全く勝てない場所が続いていた。[[2016年]]5月場所6日目の3番相撲・澤ノ富士([[伊勢ヶ浜部屋]])との取組において通算23戦目にして[[寄り切り]]で初白星を挙げた際は、服部桜自身よりも同取組を観戦していたファンや式秀部屋の関係者の方が喜んだという逸話もあるが<ref>[[ベースボール・マガジン社]]刊 『[[相撲 (雑誌)|相撲]]』 2016年7月号(名古屋場所展望号) 79頁</ref>、結局2勝目を挙げることはできずに1勝6敗で同場所を終えた。場所後に行われた[[相撲教習所]]の卒業式では皆勤賞で表彰された<ref>{{Cite news |title=夏場所で23連敗止めた服部桜が教習所卒業式で皆勤賞受賞 |newspaper=スポーツ報知 |date=2016-05-26 |url=http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20160526-OHT1T50128.html |accessdate=2017-03-29}}</ref>。
 
2016年9月場所では、3日目の2番相撲で、[[千代大豪勇星|錦城]]([[九重部屋]])を前に2回目の敗退行為<ref>具体的な行為の内容は、1回目の立合い直後に意図的に[[つき手]]をして[[勝負審判]]にやり直しを命じられ、2回目では相手に接触する前に意図的に腹這いで転倒。再度やり直しを命じられて3回目ではまたもや相手に接触する前に意図的に尻餅をついて後部に転倒、4回目でようやく立合い成立が認められたものの、服部桜は立合いから腰を引き、肩を窄めつつ、相手に恐々と向かい、上腕を掴まれた直後に、膝から土俵に倒れ込んだ(決まり手は[[引き落とし]])というものであった。</ref>に及び、[[日刊スポーツ]]をはじめとするマスメディアや、[[能町みね子]]・[[中澤潔]]をはじめとする相撲愛好家に取沙汰された上に、師匠の式秀が審判部長の[[若嶋津六夫|二所ノ関]]から事情聴取及び口頭注意を受けた<ref name=":1">[http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/09/16/kiji/K20160916013362390.html 序ノ口で起きた“あってはならない出来事”について考える] [[スポーツニッポン|スポニチアネックス]] 2016年9月16日付</ref>。式秀によると、稽古で首を痛め、立ち合い頭から当たることに恐怖心を感じていた<ref name=":0" /><ref name=":1" /><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1714246.html|title=敗退行為で波紋の服部桜 7戦全敗も「出し切れた」 |date=2016年9月23日|accessdate=2018年4月11日|publisher=[[日刊スポーツ]]}}</ref>がゆえに行為に及んだという。服部桜本人に直接の処分はなく、翌日以降の取組にも出場し続けた。不祥事を受けて引退も考えたが「今逃げると[[負け犬]]になるぞ」と式秀から叱咤されて続投を決意<ref name="hatonum"/>。翌2016年11月場所以降、心機一転を図り'''服部桜 太志'''と四股名のファーストネームのみを改名
 
先述の初白星以来、2勝目を挙げることの無いまま連敗を続けたことにより、[[2017年]]3月場所2日目の1番相撲で原田([[錣山部屋]])に敗北した時点で、年6場所制となった[[1958年]]以降の本割最多[[連敗記録 (大相撲)|連敗記録]]<ref>従来のワースト記録は、[[2003年]]7月場所の2番相撲から、[[2004年]]3月場所の5番相撲まで32連敗を喫した[[森麗勇気|森川]]。</ref>を更新した。その後も連敗を続け、同場所13日目の7番相撲で栃颯([[春日野部屋]])に敗れたことで5場所連続での7戦全敗が確定。平松<ref>序ノ口3場所目の1975年9月場所から1976年3月場所まで全敗を継続</ref>(旧伊勢ヶ浜部屋)と高岸<ref>初めて序ノ口に在位した1978年5月場所から同年11月場所まで全敗を継続</ref>([[立浪部屋]])の連続皆勤全敗記録(4場所)を更新した。2017年は6場所全て7戦全敗であり、1年間皆勤しながらも1勝も挙げることが出来なかった。