「紹興酒」の版間の差分

典拠によれば無意味な分類であることは明らか
m
(典拠によれば無意味な分類であることは明らか)
}}
'''紹興酒'''(しょうこうしゅ)は[[中華人民共和国]]の[[浙江省]][[紹興市]]の鑑湖の湧水を使って醸造し、3年以上の貯蔵熟成期間を経た'''[[黄酒]]'''(ホアンチュウ、{{ピン音|Huángjiǔ}}、すなわち[[醸造酒]])である<ref name=":0">{{Cite journal|author=西岡弘晃|date=2009-01|title=上海老酒(紹興酒)に関する実態調査報告|url=http://id.nii.ac.jp/1094/00002328/|journal=流通科学研究所報|volume=3|pages=61-65|publisher=中村学園大学流通科学研究所}}</ref>。中国では鑑湖の水で仕込むので、'''鑑湖名酒'''とも言う。[[アルコール]]度数は14 - 18[[アルコール飲料#酒とアルコール|度]]。飲用にするほか、[[調味料]]としても用いられる。
 
紹興酒は蒸米に水をかけて冷却した淋飯(リンファン)を用いるものと、竹簀の上に広げて冷却した攤飯(タンファン)を用いるものに分類できる<ref name=":1">{{Cite journal|author=鈴木明治|date=1981|title=紹興酒工場見学記|journal=日本釀造協會雜誌|volume=76|issue=6|pages=396-402|publisher=公益財団法人 日本醸造協会|doi=10.6013/jbrewsocjapan1915.76.396}}</ref>。攤飯法で作る紹興酒には、'''元紅酒・状元紅・加飯酒・花彫酒・善醸酒・香雪酒'''が該当する<ref name=":1" />。
 
黄酒を長期熟成させたものを'''老酒'''(ラオチュウ、{{ピン音|Lǎojiǔ}})と呼ぶ。中国[[青島市]]の即墨老酒は代表的な老酒(中国以外の台湾・日本で作られたものも老酒と言うこともある)。
== 酒母の造り方 ==
=== 原料 ===
紹興酒の酒母(淋飯酒)は次の原料から造る<ref name=":1">{{Cite journal|author=鈴木明治|date=1981|title=紹興酒工場見学記|journal=日本釀造協會雜誌|volume=76|issue=6|pages=396-402|publisher=公益財団法人 日本醸造協会|doi=10.6013/jbrewsocjapan1915.76.396}}</ref>。
* [[もち米|糯米]](もちごめ)
* 麦麹: 小麦で作った[[麹]]。[[クモノスカビ]]などを含み、発酵に必要な酵素力を補う<ref name=":1" />。