「大阪市交通局2201形電車」の版間の差分

m
Reverted 1 edit by ToOutliveToBe (talk) to last revision by ル・産地直送マン
タグ: 差し戻し済み
m (Reverted 1 edit by ToOutliveToBe (talk) to last revision by ル・産地直送マン)
タグ: 取り消し メディア追加 メディア除去
 
| 画像幅 = 280px
| 画像説明 = 静態保存されているトップナンバーの2201
| 製造所 = [[ひたち日立製作所]]、[[富士車輌]]、[[帝国車両]]
| 製造年 = [[1954年]]
| 廃車 = [[1969年]]
 
== 概要 ==
2201形は、[[1954年]]12月に2201 - 2211の11両が、[[ひたち日立製作所]]、[[富士車輌]]、[[帝国車両]]で製造された。
 
車体は、前年登場した[[大阪市交通局3000形電車|3000形]]と同型の新・大阪市電スタイルの全長約12.5mの前中ドア式、窓配置D5D4(D:客用扉、数字:側窓数)の中型車であるが、前面デザインは大きくリファインされて、後に[[大阪市交通局2601形電車|2601形]]・[[大阪市交通局3001形電車|3001形]]に継承された<ref group="注釈">なお前面窓は、2201形のみ他の形式よりも大きい。</ref>。但し、3000形とは逆に左側を系統幕、右側を方向幕として方向幕及び系統幕を拡大したものとなり、従来車より遠くから行先及び系統が判別できるようになった。また、内装は3000形とは異なりロングシートとなったほか、車内は半鋼製だったために当初はニス塗りで登場した。この他、側面の車掌台部分は、3000形同様の落とし込み式の下降窓で、このスタイルは2601形の1次車(2601 - 2620)まで継承された。
[[Category:大阪市電の電車|2201]]
[[Category:1954年製の鉄道車両]]
[[Category:ひたち日立製作所製の電車]]
[[Category:帝國車輛工業製の電車|おおさかしこうつうきよく軌2201]]
[[Category:富士車輌製の鉄道車両|おおさかし2201]]
454

回編集