「生物海洋学」の版間の差分

+link/ref
(言語情報項目修正等)
(+link/ref)
'''生物海洋学'''(せいぶつかいようがく、{{lang-en-short|biological oceanography}})とは、[[生物]]過程に着目して[[海]]洋のありかたを明らかにしようとする学問。<ref>Lalli, C., & Parsons, T. R. (1997). Biological oceanography: an introduction. Elsevier.</ref><ref>Miller, C. B. (2009). Biological oceanography. John Wiley & Sons.</ref><ref>Miller, C. B., & Wheeler, P. A. (2012). Biological oceanography. John Wiley & Sons.</ref><ref>Mills, E. L. (2012). Biological oceanography: An early history, 1870-1960. University of Toronto Press.</ref>
{{出典の明記|date=2011年11月}}
'''生物海洋学'''(せいぶつかいようがく、{{lang-en-short|biological oceanography}})とは、[[生物]]過程に着目して[[海]]洋のありかたを明らかにしようとする学問。
 
海洋に存在する生物の生理[[生態]]を明らかにしようとする海洋生物学(marine biology)とは、厳密にではないが区別されることが多い。<ref>Barnes, H. (Ed.). (1999). Oceanography and marine biology. CRC Press.</ref>[[魚類]]など[[人間]][[食料]]となりうる生物の生産の場としての海を強調した場合には特に水産海洋学(fisheries oceanography)と細分される。<ref>KENDALL, A. W., & Duker, G. J. (1998). The development of recruitment fisheries oceanography in the United States. Fisheries Oceanography, 7(2), 69-88.</ref><ref>McClatchie, S., Duffy-Anderson, J., Field, J. C., Goericke, R., Griffith, D., Hanisko, D. S., ... & Zapfe, G. (2014). Long time series in US fisheries oceanography. Oceanography, 27(4), 48-67.</ref><ref>Govoni, J. J. (2005). Fisheries oceanography and the ecology of early life histories of fishes: a perspective over fifty years. Scientia marina, 69(S1), 125-137.</ref><ref>Santos, A. M. P. (2000). Fisheries oceanography using satellite and airborne remote sensing methods: a review. Fisheries Research, 49(1), 1-20.</ref><ref>和田時夫. (2016). 水産海洋学会の紹介. 日本水産学会誌, 82(1), 51-51.</ref>
 
生物海洋学の研究対象生物は植物[[植物プランクトン]]、[[動物プランクトン]]および従属栄養性[[真正細菌|細菌]](バクテリア)が主であり、魚類や[[クジラ]]類、[[軟体動物]]といった大型動物を対象とした研究は少ない。これは海洋に存在する生物の個体数、種数、および[[物質循環]]への寄与のあらゆる面で[[微生物]]が海洋生物の主役であることを反映している。
 
== 生物海洋学に関する学科 ==
* [[生物学科#海洋生物学科・水産学科]]
==脚注==
 
{{reflist|2}}
{{生物学}}
{{Sci-stub}}