「ゲオルク (ブラウンシュヴァイク=カレンベルク公)」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[1591年]]から[[1596年]]まで[[フリードリヒ・シラー大学イェーナ|イェーナ大学]]で学び、[[オランダ総督]][[マウリッツ (オラニエ公)|マウリッツ]]の下で従軍後は[[三十年戦争]]で軍勢を率いて転戦していた。
 
1635年に[[ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家]]の所領の分割で、ゲオルクはカレンベルク侯領と[[ゲッティンゲン侯領]]を与えられた([[ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯領|ヴォルフェンビュッテル侯領]]は[[いとこ|従兄]]の[[アウグスト2世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)|アウグスト2世]]が相続)。翌[[1636年]]に住まいを[[ハノーファー]]へ移し、カレンベルク侯領の首都とすることを宣言した。[[1637年]]から[[ライネ川]]沿いの土地に[[{{仮リンク|ライネ城]]宮殿|en|Leineschloss}}建設を始めたが、[[1640年]]にヒルデスハイムに移り翌1641年に死去、長男のクリスティアン・ルートヴィヒが後を継いだ。
 
== 子女 ==