「ドイツ国会議事堂放火事件」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
 
[[画像:MarinusvanderLubbe4.jpg|200px|thumb|1933年3月3日、警察官とルッベ(中央、うな垂れている人物)]]
ゲーリングはプロイセン州警察の公式発表に介入し、犯人が用意した放火材料「100[[ポンド (質量)|ポンド]]」(約45kg)47kg)を「1,000ポンド」(約450kg)470kg)と訂正させた(1プロイセンポンドは約470グラム)。担当官が、多すぎて一人では運ぶのは不可能だ、と抗議すると「何事も不可能では無い!だいたいなぜ単独犯行と書くのだ?10人も20人もいたかもしれないじゃないか! きみには何が起ころうとしているのかわからないのか? この事件はコミュニスト蜂起の合図なんだぞ!」と叫び、「2人の共産党議員」が共犯だと書き加えた。担当官は政治的文書である事を理由にゲーリングの署名を求め、ゲーリングはしぶしぶ「G」とだけサインした。ナチス党機関紙[[フェルキッシャー・ベオバハター]]紙の一面もこの『陰謀』の記事に差し替えられ、ヒトラーとゲッベルスが編集に立ち会った<ref>136-137p</ref>。
 
その日のうちにプロイセン州警察は共産党議員や公務員の逮捕命令を出した。共産党系の新聞はすべて発行禁止となった。その後、共産党議員団長である{{仮リンク|エルンスト・トルクラー|de|Ernst Torgler}}や後に[[コミンテルン]]書記長を務める[[ゲオルギ・ディミトロフ]]、ディミトロフと同じブルガリア人の共産主義者である{{仮リンク|ブラゴイ・ポポフ|bg|Благой Попов}}と{{仮リンク|ヴァシリ・テネフ|bg|Васил Танев}}の4名が共犯として逮捕された。
293

回編集