「日本カタン糸」の版間の差分

編集の要約なし
1895年2月、[[大阪府|大阪]]の[[八尾市|八尾]]に資本金8万円で設立された。大阪、京都、東京に販売所が設置され、1897年には第2工場も完成した。[[日清戦争]]後の不況により、1898年7月に破綻し売却された<ref>[[桑原哲也]] [[#kuwa|[文献]]]</ref>。
 
売却の後は大阪カタン糸[[合資会社]]と名称変更し、ついで[[村井吉兵衛]]が同社を買収し[[村井カタン糸]]と名称変更をした。1907年には[[大英帝国|イギリス]]の[[コーツ・グループ|J. & P. コーツ]]が大株主となり、再び名称変更して[[帝国製糸]](当時住所:愛知県[[碧海郡]][[安城:八尾#近代|城町]]<ref>安城市図書情報館『[https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000255526 帝国製糸という会社が安城のどこにあったか知りたい]』。国立国会図書館。2019年6月8日。</ref>)中218)となり、「日の出印」の糸を生産した。
 
同社は第二次世界大戦中の1943年1月には、新株6000株他を[[富士紡績]]が購入することで(敵性資産として)消滅したが<ref>[https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=2490&query=&class=&d=all&page=22 富士紡績(株)『富士紡績株式会社五十年史』</ref>、敗戦後の1950年7月31日、[[ポツダム命令]]関連法規により、再び帝国製糸として J. & P. コーツに返還された<ref>大蔵省告示『ジエー・アンド・ピー・コウツ・リミテッドに対する財産の返還に関する政令…』他。[{{NDLDC|2963611/3}} 官報]。</ref>。
 
また同社は1918年に愛知県で設立された帝国製糸(愛知県[[碧海郡]][[安城市#近代|安城町]]、杉板製糸所の後継会社)とは異なる<ref>安城市図書情報館『[https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000255526 帝国製糸という会社が安城のどこにあったか知りたい]』。国立国会図書館。2019年6月8日。</ref>。
 
=== 日本カタン糸(湖東紡績の前身) ===