「相 (言語学)」の版間の差分

編集の要約なし
{{文法カテゴリー}}
'''相'''(そう)あるいは'''アスペクト''' (aspect) は、[[言語学]]・[[文法|文法学]]の用語で、[[述語]]が表す事象の完成度や時間軸における分布の様子などの差異化をもたらす[[文法カテゴリー|文法形式]]である。語交替や語形変化を伴う。
 
「相」はもともと[[スラヴ語派|スラヴ語]]に見られる完了性と不完了性の対立を呼ぶ言葉であった。なお[[ロシア語]]の場合、「相」ではなく「体」を用いて「完了体」「不完了体」とするのが慣例である。以前は古典語の文法解説において voice を「相」と訳しているものが多かったが、現代では aspect を「相」と呼んで voice は[[態]]と呼ぶようになっている。
 
== 日本手話 ==
日本手話においてアスペクト(の問題は研究途上にある。知られているところでは次のようなものが挙げられる。なお(かっこ)内の説明部分がアスペクト変化の文法的要素。続く部分が日本語訳。
 
*歩く(歩く動作を継続する)    (継続相) 「ずっと歩く」