「元亀」の版間の差分

m編集の要約なし
*元亀4年[[7月28日 (旧暦)|7月28日]](ユリウス暦[[1573年]][[8月25日]]) 天正に改元。
 
義昭は自らが将軍に就任した際、元号を「元亀」と改元するべく朝廷に奏請した(『言継卿記』永禄12年4月8日条ほか)。これに対して、[[織田信長]]はそれが将軍権威の復活につながること、正親町天皇の在位が続いているのに必要ないと反対した。しかし、義昭は朝廷を説得するために[[下行]]費用の名目で5000[[]]もの朝廷への献金を実施(『康雄記』同4月6日条)し、信長が朝倉氏討伐に出陣した4月23日、改元を実行している。
 
信長は[[信長包囲網]]の中で悪戦苦闘を続けていた。『[[信長公記]] 巻六』によると、元亀3年([[1572年]])9月に足利義昭に提出した17か条の意見書で、「元亀の年号、不吉に侯間、改元然るべしの由、天下の沙汰につきて、申し上げ侯」と改元するよう申し出ている。義昭追放後に改元を実行させたことからも、信長にとって元亀の年号は不愉快なものだったと推察される。