「ラパッロ条約 (1920年)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ラパッロ条約'''(ラパッロじょうやく、{{lang-it|Trattato di Rapallo}})、または'''ラパロ条約'''(ラパロじょうやく)<ref name="Kotobank">{{Cite web|url=https://kotobank.jp/word/ラパロ条約|title=ラパロ条約|publisher=[[コトバンク]]|author=日本大百科全書|accessdate=2018年12月23日|ref={{SfnRef|kotobank-ラパロ条約}}}}</ref>は、[[1920年]][[11月12日]]<ref name="Hehn">[https://books.google.com/books?id=nOALhEZkYDkC&pg=PA45&dq=%22signed+a+treaty+on+November+12,+1920,+at+Rapallo&lr=&sig=ACfU3U1d_etPPJL-3k8nsYws4mfuun44sQ A Low Dishonest Decade by Paul N. Hehn; Chapter 2, Italy the Powers and Eastern Europe, 1918-1939. Mussolini, Prisoner of the Mediterranean]</ref>、[[イタリア王国]]とセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(後の[[ユーゴスラビア|ユーゴスラヴィア]]、以下ユーゴスラヴィア)との間でイタリア・[[ジェノヴァ]]近郊の[[ラパッロ]]で調印された条約。
 
イタリア代表は[[ジョヴァンニ・ジョリッティ|ジョリッティ]]首相ユーゴスラヴィア代表はの[[ミレンコ・ヴェスニッチ]]首相によって調印
 
==概要==
条約によれば、イタリアは[[イストリア半島|イストリア]]をはじめザーラ/[[ザダル]](Zara/Zadar)とケルソ島(Cherso、現在の[[ツレス島]])、ルッシーノ島(Lussino、現在の[[ロシニ島]])、ラゴスタ島(Lagosta、現在の[[ラストヴォ島]])、ペラゴーザ島(Pelagosa、現在の[[パラグルジャ島]])などの島々を保有し、フィウーメ(現在の[[リエカ]])は{{仮リンク|フィウーメ自由国|en|Free State of Fiume}}になるはずだったが<ref>[https://books.google.com/books?id=5Cfuax6XHF0C&pg=PA177&dq=%22the+consequence+of+the+elections&sig=ACfU3U0WUaRxCzXxkCBtY6KE2EkqPudtPQ Foreign Policies of the Great Powers by Cedric James Lowe, Routledge, Taylor & Francis Group, F. Marzari, p.177-78]</ref>、[[1924年]][[1月27日]]に両国が[[ローマ条約 (1924年)|ローマ条約]]で確認した際にはフィウーメはイタリア領とされ<ref name="Kotobank" />、[[ダルマチア|ダルマティア]]の他の地域<ref name="Kotobank2">{{Cite web|url=https://kotobank.jp/word/ラパロ条約|title=ラパロ条約|publisher=[[コトバンク]]|author=世界大百科事典 第2版|accessdate=2018年12月23日|ref={{SfnRef|kotobank-ラパロ条約2}}}}</ref>やスシャク(Sušak)がユーゴスラヴィア領とされた。
匿名利用者