「針葉樹林」の版間の差分

m (→‎現状: 拡大造林へのリンク追加)
また、[[クロマツ]]、[[アカマツ]]は、広葉樹の高木の生育が困難な厳しい環境条件下で局所的に安定した[[群落]]を維持することを除くと、[[遷移 (生物学)|遷移]]により次第に[[広葉樹林]]になってゆく先駆者樹木であるが、かつては、民家の[[燃料]]として[[マツ]]の落葉落枝がよく使用され、それによってマツ林が長期にわたって維持されていた。しかし、その後の生活の変化によってマツ林に人手が入らなくなり、そこへ[[マツ材線虫病|マツクイムシ]]による被害(マツ枯れ)が重なり、現在では大きく減少している。
 
{{植生}}
{{Plant-stub}}
{{DEFAULTSORT:しんようしゆりん}}