「諾曷鉢」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
'''諾曷鉢'''(諾曷缽、だくかつはつ、生年不詳 - [[688年]])は、[[吐谷渾]]の[[首長]]。烏地抜勤豆可汗。
 
== 生涯 ==
[[慕容順]]の嫡子として生まれた。[[635年]]、慕容順が可汗となると、燕王に立てられた。慕容順が殺害されると、幼年で後を嗣いだ。大臣たちが権力を争って内乱となったため、[[唐]]の[[太宗 (唐)|太宗]]が兵を派遣して諾曷鉢を助けた。唐により河源郡王に封じられ、烏地抜勤豆可汗の号を受けた。[[640年]]、諾曷鉢は唐の弘化公主を妻に迎えた。
 
[[641年]]、丞相の宣王が弘化公主を襲撃し、諾曷鉢をさらって[[吐蕃]]に亡命しようと図った。諾曷鉢はこれを察知して[[ピチャン県|鄯善城]]に逃れ、威信王に迎えられた。威信王は唐の[[鄯州]][[刺史]]の杜鳳挙と連合して丞相宣王を攻撃し、これを破った。唐の民部尚書[[唐倹]]が吐谷渾に派遣されて事態の収拾にあたった。[[649年]]、太宗が死去すると、石に諾曷鉢の肖像が刻まれて、[[昭陵 (唐)|昭陵]]の地下に並べられた。唐の[[高宗 (唐)|高宗]]が即位すると、諾曷鉢は弘化公主を妻に迎えていたことから、駙馬都尉に任じられた。
匿名利用者