「小行列式」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
行列の列が一度に {{mvar|k}} 回一緒にウェッジされると,{{math|''k'' × ''k''}} 小行列式は得られる {{mvar|k}} 次元ベクトルの成分として現れる.例えば,行列
:<math>\begin{pmatrixbmatrix}
1 &4 \\
3 &\!\!-1 \\
2 &1 \\
\end{pmatrixbmatrix}</math>
の {{math|2 × 2}} 小行列式は {{math|&minus;13}}(最初の2行から),{{math|&minus;7}}(最初と最後の行から),{{math|5}}(最後の2行から)である.さてウェッジ積
:<math>(\mathbf{e}_1 + 3\mathbf{e}_2 +2\mathbf{e}_3)\wedge(4\mathbf{e}_1-\mathbf{e}_2+\mathbf{e}_3)</math>