「東ゴート王国」の版間の差分

出典が全くない記述を削除
(→‎ゴート戦争と王国の滅亡: の内容追加と内容修正)
(出典が全くない記述を削除)
[[537年]]、フランク王国との交渉で[[プロヴァンス]]一帯を譲渡する代わりに和平を結ぶと、11月末には全軍をラヴェンナに集結させ、ローマに進軍した。537年2月21日に始まるローマ攻城は1年以上にも及び、双方とも壮絶な消耗戦となった。結果的にローマを落とせなかったウィティギスは休戦を申し入れたが、ベリサリウスは密かに騎兵部隊を迂回させ、ラヴェンナ直轄領に攻撃をしかけた。このためゴート軍はローマの包囲を解き、ラヴェンナに撤退した。
 
[[538年]]6月21日、ベリサリウス率いる皇帝軍はローマを出立し、アウクシムム(現: [[オージモ]])の要塞を包囲、同じ頃[[ジェノヴァ]]に揚陸した東ローマ軍はミラノを占領した。ゴート軍はフランク王国からの援軍を得てミラノを奪還したが、フランク軍がミラノを略奪したため市民感情は険悪なものとなった。さらにテウデベルト率いるフランク軍が北イタリアに進軍し、ゴート軍も皇帝軍も見境なく攻撃したばかりか、ポー川に女性を人身御供として沈めたため、以後、ゴート軍はフランク王国との交渉を断った。両軍の戦闘はアドリア海沿岸に拡大したが、遂に[[539年]]、ベリサリウス率いる皇帝軍はラヴェンナを包囲、海上を封鎖した。ウィティギスはベリサリウスとの交渉の末、[[540年]]5月、城門を開放し、降伏した。マタスンタはユスティニアヌス1世の従兄弟[[ユスティヌス・ゲルマヌス]]([[500年]]頃 - [[550年]])と再婚した。<ref group="注">一人息子ゲルマヌス(550年 - [[605年]]/[[607年]])を儲け、アマル王家の血筋を後世に伝えた。ゲルマヌスのその後の消息について有力な説は以下の通りである
 
恐らく、ゲルマヌスは「パトリキウス」の称号を持ち、元老院の有力な指導者であった。レオンティアという女性と結婚、その間に生まれた娘は東ローマ[[皇帝]][[マウリキウス]]の長男テオドシウスと601年11月以降(602年2月頃か)に結婚したが、子は無かった。ゲルマヌスは後にマウリキウス・テオドシウス父子を裏切り、反乱を起こしたフォカスに加担している。そして、そのフォカスにも反逆を企てたが失敗、テオドシウスとかつて結婚していた娘と共に処刑された。ゲルマヌスとレオンティアの間には他にも娘がいたとする説があり、その娘は[[ヘラクレイオス王朝]]の開祖[[ヘラクレイオス1世]]の側室となって、息子ヨハンネス・アタラリックを儲けたという。更にヨハンネス・アタラリックはヘラクレイオス1世の曾孫[[コンスタンティノス4世]]の皇妃アナスタシアの父とされており、[[ユスティニアノス2世]]の祖父にあたるという。
 
なお、妻が[[ティベリウス2世]]の娘カリトで、マウリキウスの義弟にあたり、後に東ローマ軍最高司令官を務めた副帝ゲルマヌスと同一人物であるという説も唱えられている。しかし、副帝ゲルマヌスの素性についてはゲルマヌスの父ゲルマヌス・ユスティヌスが先妻パッサラとの間に儲けた次男ユスティニアヌス(ゲルマヌスの異母兄の1人)の息子(名前不明)と同一人物という説も有力でもある。また、「パトリキウス」のゲルマヌスと副帝ゲルマヌスを同一人物とし、息子ゲルマヌスに比定する説もある(つまり、「パトリキウス」のゲルマヌスと副帝ゲルマヌス、息子ゲルマヌスを同一視)が同時代の史料が存在しない為、確定できない。</ref>
 
和平交渉を利用してラヴェンナに入城したベリサリウスは、ウィティギスを捕えた後、東ローマに帰還した。しかし、ゴート軍は[[西ゴート王国]]の王[[テウディス]]の甥[[イルディバルド]]を新王とし、なお抵抗を続けた。イルディバルドはウィティギスの甥ウライアスとの確執から暗殺されるが、彼の甥である[[エラリーコ]]の短期間の王位の後、同じくイルディバルドの甥でエラリーコの従兄弟でもあるトレヴィゾ方面軍を指揮していた[[トーティラ]]が王位に就き、東ゴート軍は勢力を回復することになった。東ローマ軍はラヴェンナを出立し北上したが、劣勢のはずのトーティラの軍勢に敗北して後退、[[542年]]にはファウェンティア(現[[ファエンツァ]])の戦いでも大敗北を喫し、戦線はずるずると南下した。東ローマ軍の小部隊はイタリア各地の防備を固めていたが、トーティラはこれを無視して南下、[[543年]]にはナポリを奪還した。ゴート軍は各地の東ローマ軍と衝突し、重要拠点を陥落。[[546年]][[12月]]に東ゴート軍は、[[イサウリア]]人の裏切りによってローマを陥落させることに成功し、この時に[[ローマ略奪 (546年)|ローマ略奪]]を行った。一時的に優位に立ったベリサリウスは、再びイタリアに赴任したが、地元の支持を得られず、その後の戦況は膠着状態に陥った。[[552年]]4月、本国に召還されたベリサリウスに代わり、総司令官[[ナルセス]]が東ローマ軍を率いて北方からイタリアに侵入した。ナルセス軍は工兵隊を駆使してラヴェンナを落とし、補給を行うとローマに向けて進軍を開始した。[[552年]]、ローマを出立したゴート軍とナルセス率いる東ローマ帝国軍は、ブスタ・ガロールム高原で対峙した([[ブスタ・ガロールムの戦い]]({{Lang-el|Μάχη των Βουσταγαλλώρων}}、{{Lang-en|Battle of Busta Gallorum}})、タギナエの戦い({{Lang-it|Battaglia di Tagina}}、{{Lang-en|Battle of Taginae}}))。この戦いで、ナルセスは前線を全て弓兵でかため、突撃するゴート軍を殲滅、トーティラを討ち取った。