「サーカス (ゲーム)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* ユニバーサルがマスコットキャラとして使っていたピエロは『[[Mr. Do!]]』が初登場と思われているが、それはビデオゲームからの話で、印刷媒体では『サーカス・サーカス』のイメージキャラとしてピエロが登場している。
* [[イエロー・マジック・オーケストラ]]は、[[イエロー・マジック・オーケストラ_(アルバム)|ファーストアルバム]]で、このゲームのサウンドを使用した「COMPUTER GAME "Theme From The Circus"」という曲を収録している。ゲーム機の音響をそのまま録音したが、2曲目「FireCracker」に繋がるような展開が録音できなかったため、シンセサイザーで似せた音を作り、効果音として用いられている。
* [[海賊版(コピーゲーム]]基板)ふくめて日本国内では流通基板数も比較的多かったため、現在でも[[レトロゲーム]]コーナーで目にする機会は存在する。
* 日本で広まったものしては、[[マイクロプロセッサ]]を使用した初のゲームである([[MOS 6502|6502]]を使用。[[Intel 8080|8080]]を使っている、よく知られている『[[スペースインベーダー]]』の前年に登場している。1976年の『[[ブロックくずし#ブレイクアウト|ブレイクアウト]]』はマイクロプロセッサではなく論理ICの集合で作られている)。なお海外には『ガンファイト』([[:en:Gun Fight]]、日本の『[[ウエスタンガン]]』のリメイク移植版)という8080を利用したボードに実装されたものがある。
 
*1977年にゲームが登場してから既に44年程経過している為、基板の方はヤフーオークションでの出品及び中古基板店で見掛ける事がある。
 
ただし現存数などの関係から入手するのは近年では困難になってきており、タイトーやエキシディ、セガ、ユニバーサル、アイレム等の純正基板は高値になる物と思われる。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者