「アミーン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 生涯 ==
[[ハールーン・アッラシード]]の次男。母はハールーン・アッラシードの正妃[[ズバイダ]]。異母兄に[[マームーン]]がいたが、彼の母のマラージルはペルシャ人奴隷出身であったため、アミーンに家督が回って来た。兄弟の争いが絶えず、[[813年]]に暗殺される。死後、兄マームーンにカリフ位を譲ると密約していたが、その約束を破り、子に譲ろうとしたため、内乱を招く。歴代カリフの中でも最高峰の文化人の一人で、国内の国際文化を奨励し、また自らも教養豊かな人物であったとされ、特に[[アブー・ヌワース]]を保護したことは結果として後世のイスラム文化に他大な寄与をなした。しかしアブー・ヌワースへの傾倒からもわか通りアミーン自身享楽的な人物で酒色にふけり、政務は宰相の[[:en:Al-Fadl ibn al-Rabi|ファドル]]に任せきりだったともされる<ref>前嶋信次『イスラムの時代』(講談社、2002年)196頁</ref>
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
==参考文献==