「岡井省二」の版間の差分

編集の要約なし
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (blogspot.com) (Botによる編集))
'''岡井 省二'''(おかい しょうじ、[[1925年]][[11月26日]] - [[2001年]][[9月23日]])は[[俳人]]。号に、槐、槐庵、槐散人など<ref>「著者略歴」『鯛の鯛』 角川書店、1999年。</ref>。
 
[[三重県]][[度会郡]]生まれ。[[大阪大学]][[医学部]]卒業。[[内科医]]のかたわら句作をはじめ、[[加藤楸邨]]および[[森澄雄]]に師事。1968年、「[[寒雷]]」に入会、1970年、「杉」創刊に参加。翌年、第1回杉賞を受賞。1984年、[[宇佐美魚目]]、[[大峯あきら]]らと俳誌「晨」を創刊し、二人とともに代表同人。1991年、「槐」を創刊、主宰。
 
代表句に、[[宇治市]]・[[三室戸寺]]参道の句碑に刻まれた「あぢさゐの色をあつめて虚空とす」(句集『鯨と犀』所収)などがある。門下に、[[児玉輝代]]、[[菅原鬨也]]、[[小山森生]]、[[山西雅子]]、[[加藤かな文]]、[[吉野裕之]]などがいる。
匿名利用者