「保志光信一」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''保志光 信一'''(ほしひかり しんいち、[[1984年]][[7月25日]] - )は、[[モンゴル]]・[[ウランバートル]]出身で[[八角部屋]]に所属した[[大相撲]][[力士]]。本名は'''ドゥブチン・ハグワー'''([[モンゴル語]][[キリル文字]]表記:'''{{lang|mn|Дүвчингийн Лхагва}}''')。[[身長]]182cm、[[体重]]113kg、[[ABO式血液型|血液型]]はO型。得意手は右四つ、寄り、投げ。最高位は西[[十両]]筆頭([[2008年]]3月場所)。2011年、足首の怪我もあったため引退した。
 
両親はアスリートだったため、小さい頃からスポーツに興味があり、アスリートたちの取り巻く環境に育っています。父 [http://wrestling.mn/page/show/602 Zeveg Duvchin] はモンゴルの伝統的なスポーツ[[:mn:Үндэсний_бөх|Mongol Undesnii buh]]とレスリングの選手で、世界大会で2位になり、オリンピックにも3回出場しております。現在はモンゴルで女子レスリングのコーチをしており[http://www.info.mn/news/10905/%D0%AD%D0%BC%D1%8D%D0%B3%D1%82%D1%8D%D0%B9%D1%87%D2%AF%D2%AF%D0%B4%D0%B8%D0%B9%D0%BD-%D0%B4%D0%B0%D1%81%D0%B3%D0%B0%D0%BB%D0%B6%D1%83%D1%83%D0%BB%D0%B0%D0%B3%D1%87-%D0%97%D0%94%D2%AF%D0%B2%D1%87%D0%B8%D0%BD.htm Training Duvchin.Z]、教え子たちの中からは世界チャンピオンやオリンピックのメダリスト[[:en:Soronzonboldyn_Battsetseg|Soronzonbold_Battsetseg]]、[https://www.zimbio.com/photos/Tumentsetseg+Sharkhuu/Asian+Games+Day+3/6NlwIBaHvvo Tumentsetseg Sharkhuu]、[https://unitedworldwrestling.org/article/three-must-watch-day-two-matches-ivan-yariguin Sumiya Erdenechimeg]も誕生しています。母もバレーボールの選手で、モンゴル代表にもなっている。高校や大学そしてクラブ定年のチームの指導をしていました。現在、定年し、クラブチームのアドバイザーをしております。
 
叔父[[:en:Zeveg_Oidov|Zeveg Oidov]]は父と同じくレスリンクの選手で、世界チャンピオンに2回優勝して、[[1976年モントリオールオリンピック]]で銀メダルを取っています。
15

回編集