「ロバート・カニンガム (初代ロスモア男爵)」の版間の差分

m
bot: 解消済み仮リンクワーナー・ウィリアム・ウェステンラワーナー・ウェステンラを内部リンクに置き換えます
(新しいページ: 「初代ロスモア男爵'''ロバート・カニンガム'''({{lang-en|Robert Cuninghame, 1st Baron Rossmore}}、1728年ごろ – 1801年8…」)
 
m (bot: 解消済み仮リンクワーナー・ウィリアム・ウェステンラワーナー・ウェステンラを内部リンクに置き換えます)
 
 
=== 再び軍務に就く ===
1796年10月19日、[[アイルランド貴族]]である[[モナハン県]]におけるモナハンの'''ロスモア男爵'''に叙された<ref name="Gazette13944">{{London Gazette|issue=13944|page=1017|date=25 October 1796}}</ref>。この爵位にはヘンリー・アレクサンダー・ジョーンズ({{lang|en|Henry Alexander Jones}}、1801年までに没、妻の妹アン(1827年2月1日没)の息子)、{{仮リンク|[[ワーナー・ウェステンラ (第2代ロスモア男爵)|en|Warner Westenra, 2nd Baron Rossmore|label=ワーナー・ウィリアム・ウェステンラ}}]]、ヘンリー・ウェステンラ(2人ともに妻の妹ハリエットの息子)の順で特別残余権({{lang|en|special remainder}})が与えられていた<ref name="Gazette13944" /><ref name="Cracroft">{{Cite web2|language=en|website=Cracroft's Peerage|url=http://cracroftspeerage.co.uk/rossmore1796.htm|title=Rossmore, Baron (I, 1796)|date=13 February 2012|access-date=22 December 2020}}</ref>。
 
1801年にアイルランド[[貴族代表議員]]に選出されたが<ref name="Cracroft" />、同年8月6日に[[ダブリン]]で急死、特別残余権に基づき{{仮リンク|[[ワーナー・ウェステンラ (第2代ロスモア男爵)|en|Warner Westenra, 2nd Baron Rossmore|label=ワーナー・ウィリアム・ウェステンラ}}]]が爵位を継承した<ref name="Cokayne">{{Cite book2|editor-last=Cokayne|editor-first=George Edward|editor-link=ジョージ・エドワード・コケイン|year=1895|title=Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R)|volume=6|edition=1st|location=London|publisher=George Bell & Sons|language=en|pages=431–432|url=https://archive.org/details/completepeerage06cokahrish/page/n432}}</ref>。
 
== 家族 ==
{{S-new|creation}}
{{S-ttl|title=[[ロスモア男爵]]|years=1796年 – 1801年}}
{{S-aft|after={{仮リンク|[[ワーナー・ウェステンラ (第2代ロスモア男爵)|en|Warner Westenra, 2nd Baron Rossmore|label=ワーナー・ウェステンラ}}]]}}
{{S-end}}
 
261,801

回編集