「津川雅彦」の版間の差分

 
=== 政治的主張 ===
*[[保守#日本|保守]]的な主張、[[左翼]]嫌いで知られ、その種の団体・会合に参加している。「みんなで[[靖国神社]]に参拝する国民の会」、「首相の靖国神社参拝を求める国民の会」の発起人も務める。映画『[[プライド・運命の瞬間]]』で[[東條英機]]役を演じる際、東條家を訪れて話を聞いたうえで役作りに生かしたという。その演技ぶりは東條の遺族に「まるで東條英機が生き返ったようです」と絶賛された。なお、この時[[朝日新聞]]の記者から「[[A級戦犯]]を演じることの是非」を問われ、「じゃあ君(質問した記者)はどう思うのかね!」と質問を質問で返した<ref>{{要追加記述範囲|date=2013-05-21|title=何年何月号・ページ番号不明|『[[キネマ旬報]]』より}}</ref>。撮影中「ある映画監督に制作を妨害された。ある小説家は、自宅前でのロケを、『うるさい』といって追い払った」<ref>2012年9月の「産経志塾」で発言</ref>。また、『[[落日燃ゆ]]』(2009年、テレビ朝日)では[[吉田茂]]を演じている。ブログなどでも政治的な発言をしばしばしており、[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]や[[日本教職員組合]]を批判し、[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]を支持することが多い。[[大江健三郎]]を「中国韓国に媚び、自身の売込みに必死なエセ文化人の反日分子」と批判したこともある<ref>{{Cite web |author=津川雅彦 |date=2012-10-10 |url=http://ameblo.jp/santa-no-kakurega/entry-11376187067.html |title=大江健三郎ら反日分子が |work=津川雅彦オフィシャルブログ「サンタの隠れ家」 |publisher=[[サイバーエージェント]] |deadlinkdate=2018-10-21 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20160305014042/http://ameblo.jp/santa-no-kakurega/entry-11376187067.html |archivedate=2016-05-05 |accessdate=2018-10-21}}</ref>。[[京都国際映画祭]]準備委員会会合では「[[山田洋次]]のような左翼の監督が日本をダメにした。左翼が武士をだらしなく描くようになって、日本映画はダメになった」と発言した<ref>[https://www.sankei.com/west/news/131205/wst1312050029-n1.html 「左翼がダメにした」!? ~津川雅彦が語る痛快!日本映画発祥の地・京都] [[産経新聞]]2013年12月5日</ref>。
*2012年7月15日より、評論活動引退により番組を降板する[[三宅久之]]より指名を受けて『[[たかじんのそこまで言って委員会]]』([[読売テレビ]])のレギュラーパネリストとなった。番組内では準レギュラーパネリストである[[田嶋陽子]]や、左派・リベラル系の出演者と意見が対立することが多かった。
*[[2012年自由民主党総裁選挙]]では、「[[安倍晋三]]総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めた<ref>{{Cite web |url=http://test2.unitedscene.jp/abe/menber.html |title=安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会/会員一覧|accessdate=2020-04-16}}</ref>。結果、安倍は同総裁選で当選し、同年12月16日の[[第46回衆議院議員総選挙]]を経て第96代内閣総理大臣に就任した。