「進撃の巨人の登場人物」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
: 強靭な勇気と行動力を備えており周囲の人間を惹きつける強い影響力を持つが、直情径行で猪突猛進な面もある<ref group="注">ジャンは「死に急ぎ野郎」、アルミンは「エレンは昔っから一人で突っ走って行くんだ」と発言している。</ref>。12歳で第104期訓練兵団に志願し、850年に15歳で卒業。徒手格闘術に優れているほかに強い目的意識のもと他の科目でも努力を重ね<ref name="gensaku">原作、18話。</ref>、5番という成績を収めた。初陣となるトロスト区防衛戦でアルミンを助けた際に巨人に補食されて命を落としかけるが<ref group="注">この時、噛み砕かれずに飲み込まれたことで助かっている。</ref>、それまで本人も知ることのなかった[[#エレン巨人体|巨人化能力]]が覚醒して復活する。その能力を使った作戦によって人類は初めて巨人の侵攻を阻止し<ref>原作、14話。</ref>、結果的に自身が志望していた調査兵団に迎えられた。特別作戦班(通称リヴァイ班)に配属となる。
: 同期の中に壁内の人類を抹殺しようとする巨人化能力者がいることを知った際には葛藤するが<ref group="注">アニが女型の巨人の正体だと判明した時は信じられずに戦うことを戸惑い、ミカサに仲間(リヴァイ班)を殺したのはアニだと諭された(原作、31話)。また、ライナーとベルトルトが正体を明かした際も動揺していた(原作、42話)。</ref>、人類や仲間たちを守るために戦っていく。女型の巨人の正体が判明した後、ミカサとの連携で生け捕りに成功する。 ウォール・ローゼ地区に巨人が出現した際には生身で戦闘に参加し、ウトガルド城で窮地に陥っていた仲間を助けた。その後、正体を明かした鎧の巨人と超大型巨人に捕らえられたが、母・カルラを捕食した巨人と邂逅した際に無垢の巨人を操る謎の力「[[進撃の巨人#座標|座標]]」が人間体の状態で一時的に発動して敵を撃退した。それらの能力の奪取を目論むロッド・レイスに身柄を拘束され、父・グリシャがレイス家から「座標=始祖の巨人」の力を奪っていたことを知る<ref group="注">845年の巨人侵攻の後にグリシャから巨人化の注射を打たれ、その場で捕食して継承している。 エレン自身はその時の記憶をなくしていたが巨人化能力はその時に得たものであった。</ref>。ロッドが所有していた薬品を摂取したことから硬質化能力を獲得し、以後は戦闘でその力も駆使して戦っている。
: ウォール・マリア最終奪還作戦では硬質化能力でシガンシナ区の穴を塞ぎ、生身で超大型巨人の討伐に成功する<ref はさら>アルミンの陽動作戦より超大型巨人を討ち取り、ベルトルトをうなじから引きずり出して捕らえた。</ref>。生家の地下室に遺されていた手記<ref group="注">手記は三冊で[[ハッカ油]]と[[木炭]]によって、防湿・防虫用加工が施されていた。</ref>から父の生い立ちと壁の外の世界の真相を知ることになる<ref group="注">エレンはジークと対面していたこともあるが異母兄弟の兄の存在もこの手記によって初めて知る。</ref>。また、父親から「始祖の巨人」以外にも「進撃の巨人」を受け継いでおり、[[進撃の巨人#九つの巨人|ユミルの呪い]]により残り8年の命であることを知る。
: 1年後(851年)、仲間と共に壁内の巨人の殆どを淘汰した後、壁外調査でパラディ島沿岸部に到達する。念願の[[海]]を発見するが、広大な海原の先に存在する新たな敵に思いを馳せる。
: さらに3年後の854年、「クルーガー」を名乗り、負傷兵として<ref group="注">右目と左足を一旦負傷させていた。</ref>マーレに潜入。レベリオ収容区でライナーと4年ぶりの再会を果たす。ヴィリー・タイバーのパラディ島への宣戦布告を聞いた直後に巨人化し<ref group="注">潜入時にマーレ人と接触して敵も同じ人間であることを自ら確かめている。ライナーの過去の行いも許して理解を示したがその上でヴィリーの宣戦布告を聞いて襲撃をした。</ref>、マーレ軍幹部を全滅させた<ref group="注">巨人化した直後にマーレ軍幹部が集まっている席を真っ先に攻撃した(原作、101話)。また、エレン自身がハンジ達に全滅させたことを伝えている(原作、105話)。</ref>。その場にいた軍人と住民を巻き込んだ戦闘で「戦鎚の巨人」を倒し能力を継承する。パラディ島へ帰還後、マーレに潜入した際の単独行動の件で監禁されるが脱獄して異母兄・ジークの居場所の特定に乗り出す<ref group="注">脱走後、ジークの居場所を特定することを告げた(原作、110話)。</ref>。