「ASML」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (news.mynavi.jp) (Botによる編集)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (news.mynavi.jp) (Botによる編集))
* 2006年 第4世代機(量産機)「XT:1700i」出荷
* 2012年 次世代露光技術の一つである極端紫外線の開発の加速化のため、世界半導体大手の3社インテル、サムスン、TSMCから約50億ドルの投資を受け入れる。ニコンと長いパートナー関係のインテルが6割の30億ドルを担う事になる<ref>{{Cite web|title=Samsung、ASML株の3%を6億3000万ドルで取得へ|url=https://eetimes.jp/ee/articles/1208/29/news032.html|website=EE Times Japan|accessdate=2020-12-01|language=|publisher=}}</ref>。ニコンは同技術の普及が起こる可能性が低いと判断し、2010年代初頭に開発から撤退した
* 同年 アメリカのサイマーを買収<ref name=":1">{{cite web|url=httphttps://news.mynavi.jp/news/2012/10/17article/10820121017-a108/|title=ASML、半導体向けEUVリソグラフィの開発を促進に向けCymerを買収|accessdate=2017-01-02|date=2012-10-17|publisher=マイナビニュース}}</ref>
* 2016年 台湾の漢民微速科技を買収<ref>{{cite web|url=https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-16/O8U8RP6S973201|title=蘭ASMLが台湾の漢民微測科技を買収へ-約3260億円で|accessdate=2017-01-02|date=2016-06-16|publisher=ブルームバーグ}}</ref>
* 2017年 ニコンがASMLを再び特許侵害で提訴<ref name=":0">{{cite web|url=https://www.nikon.co.jp/news/2017/0424_01.htm|title=ASMLおよびCarl Zeissに対する半導体露光装置に関する特許侵害訴訟の提起について|accessdate=2020-09-15|date=2017-04-24|website=www.nikon.co.jp}}</ref>