「ツァヒアギーン・エルベグドルジ」の版間の差分

(→Check Wikipedia high priority :Unicodeの制御文字=&#x200B (Zero Width Space)を削除しました。)
首相外遊、5カ国目はモンゴル 対中戦略、外堀から着々|url=http://www.sankei.com/politics/news/130330/plt1303300022-n1.html|date=2013-03-30|accessdate=2017-07-11|publisher=[[産経新聞]]}}</ref>としてバランスを重視する安全保障政策も進めているのも特徴として挙げられる<ref>Tsakhia, Elbegdorj (21 September 2011). [http://president.mn/eng/newsCenter/viewNews.php?newsId=597 "Statement by H.E. Mr.Elbegdorj Tsakhia, President of Mongolia, at the General Debate of the 66th session of the United Nations General Assembly"]. president.mn. Retrieved 31 July 2013.</ref><ref>{{cite web|title=Peacekeeping operations|url=http://www.un.org/en/peacekeeping/operations|accessdate=23 Aug 2015|publisher=The United Nations}}</ref><ref>"Mongolia marks International Day of UN peacekeepers". Global Times (Beijing). 28 May 2013. </ref>。
 
2015年9月にエルベグドルジはモンゴルを[[永世中立国]]にすると宣言し、法整備を進めて[[国際連合決議]]で永世中立国として認めてもらう方針を示している<ref>{{Cite news
| url=http://www.jiji.com/jc/zc?k=201603/2016031700876
| title=永世中立、年内にも法整備=拉致問題で日朝仲介に意欲-モンゴル大使
| date=2016-3-17
| accessdate=2016-3-17
}}</ref>。しかしその後、国交を持つ国々から理解を得られなかったとして、2020年5月に永世中立に関する政令を無効化し、永世中立については宣伝しないよう定めた新たな政令が定められ、エルベグドルジによる永世中立化構想は頓挫している<ref>{{Cite news|url=https://montsame.mn/jp/read/250965|title=永世中立に関する政令が無効化|agency=モンゴルの声|date=2020-07-02|accessdate=2021-01-22}}</ref>。
}}</ref>。
 
== 脚注 ==