「グルメチキンレース・ゴチになります!」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
=== 基本ルール ===
便宜上、現行パート(現在はパート21)22)のルールを記す。
# コーナー開始時にMC担当の矢部(矢部謹慎中は岡村)<ref group="注">一部の回ではナイナイ以外がタイトルコールを行う場合がある。</ref>が本コーナーのタイトル「グルメチキンレース・ゴチになります○○!(丸の中はそのパートの数字、ただしその土地でゴチ以外のこと(観光など)を行う場合は「in(現地)」になる)」と声をかけ、掛け声の丸の数を手(指の数)で表し<ref group="注">矢部と岡村では表し方が異なる。矢部の場合は5までは片手、6〜9は両手(片方は5)でその数字を表し、11〜14・16〜18・21は右手で10の位の数字を出し、次に左手(16以降は両手、ただし、そちらの方は19以降の岡村も同様)で1の位の数字を出す。岡村の場合は、両手で10を表し、10以外では後に素早く右手で1の位の数字を表す(ただし岡村はこの動作を適当にやることがある)。ただし、現地名を言う場合はやらない。</ref>、他のメンバーと羽鳥が合図を取る。タイトルコール後、現時点までのクビレースの成績やメンバー達の最近の話をして、VIPチャレンジャーの紹介が行われる(パート18以降はVIPチャレンジャーの食にまつわる再現ドラマが挿入されており、成人してからの役は、主にものまねタレントや若手芸人が演じる)。
# その回の高級レストランに入店し、レストランの紹介と設定金額が発表される。
# 1品目の注文がスタートする。各自料理を1品ずつカメラから向かって左側の席から(パート2122では増田→田中松下→矢部→VIPチャレンジャー→ノブ→本田中条→岡村)<ref group="注">一部の回では席順が異なる。</ref>順にオーダーし、食後に値段を予想する。なお、各自が頼んだ料理は原則として本人だけが食べ、了承が無い限り他人(同じチームを除く)に分け与えるのはルール違反である<!--パート12最終戦より-->(ただし、分け与えてもペナルティはない)。パート10までは料理が出される順番もオーダー順であったが、パート11からは調理準備ができた順番<ref group="注">岡村は順番に関係なく最後になることがほとんど。</ref>(オーダーの順不同)となった。出演者には設定金額や予想した料理の値段、メニュー名を書くためのメモ用紙<ref group="注">複数枚用意されている。</ref>と計算するための[[電卓]]が渡されている。
# スペシャル料理は料理の紹介後、食べる権利を賭けたゲームに挑戦し、勝利もしくはクリアした者のみがスペシャル料理を食べることが出来る。パート18以降スペシャル料理のみ、出演者がフリップに予想金額を書いて提示する形式になっている(パート17までは通常通り1人ずつ口答で予想金額を発表していた)。
# 設定金額に近づくようにラストオーダーを行う。オーダーを決定したメンバーは「STOP!」と書かれた手形を模したプレート<ref group="注">パート1第1戦は白の背景に赤文字、パート1第2戦以降はイメージカラーの背景に白文字か黒文字である(初期はストップハンドの色とイメージカラーが統一していないこともあった)。</ref>を出して「オーダー終了」を宣言する。初期のころは3回目のオーダー以降、好きなタイミングで「STOP!」を出すことができ、全員が「STOP!」になるまで4回目と5回目のオーダーが行われたこともあったほか、「STOP!」を取り消すこともできた。「STOP!」プレートを置く際に、ゲストや店にちなんだ「くだり」をすることが多い。一度オーダーを決定して「STOP!」のプレートを提示してもヒントや他のメンバーの注文を聞いてから変更することができるが、全員が「STOP!」プレートを提示すると羽鳥から「全員STOP」の確認が入り、これ以降オーダーの変更はできない。オーダーの品数は自由で<ref group="注">ラストオーダーを1品も注文しないケースも存在する。</ref>、同じメニューを複数個注文することも可能である(出川のようにデザートを複数個注文するケースが多い)。なお、ラストオーダーまでに頼まれなかったメニューは見た目や量、使用素材がオーダーしないと分からない上に、予想外時の帳尻合わせも出来ないため、運も必要となる(そのため、長く出演しているメンバーが最下位で自腹になることも珍しくない)。