「ギリギリchop」の版間の差分

(→‎収録曲: 表題曲について加筆)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
#: 4ピースのバンド編成で、非常に[[テンポ]]が速くハードな曲調だが、この曲がシングルになった理由をメンバーは「ポップな曲だから」と述べている。
#: 松本は、本作のギターの演奏のために[[ロサンゼルス]]のホテルで8時間練習をしていたというエピソードが残っている<ref>{{Cite news |title=『B'z The Best “Pleasure II”』全曲試聴&全曲解説 |url=https://www.barks.jp/news/?id=1000015295 |newspaper=BARKS |publisher=ジャパンミュージックネットワーク株式会社 |date=2005-11-29 |accessdate=2019-11-24 }}</ref>。
#: ベースは、元[[ブリザード (バンド)|BLIZARD]]の[[寺沢功一]]が担当。寺沢によると、シングルバージョンのベースソロは松本のアレンジを無視して勝手に弾いたものであるとのこと<ref>{{Twitter status|te_ra_chin/status|888659209889366016}}</ref>。10thアルバム『[[Brotherhood (B'zのアルバム)|Brotherhood]]』には別テイクが収録され、そちらは[[Mr.Big]]メンバーの[[ビリー・シーン]]と[[パット・トーピー]]が演奏に参加している。
#: [[ミュージック・ビデオ|PV]]はロサンゼルスのスタジオで撮影されたもの<ref>{{Cite album-notes |last=青木優 |title=[[B'z The Best XXV 1999-2012]] |year=2013 |publisher=[[VERMILLION RECORDS]] |format=MUSIC VIDEOの[[ライナーノーツ]] (初回限定盤に付属) }}</ref>。
#: [[LIVE-GYM]]ではライブ終盤やアンコールで演奏されることが多く、この曲がライブで演奏される時は、観客は[[レゲエ]]のコンサートなどでよく見られる「プロペラ」(タオルを頭上でブンブン振り回す)を行う。この曲が発売された当初はこのようなことは行われなかったが、後に行われた『B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"』で、“各曲に演出を行うのに協力してもらうため”に作られたバックステージ席で行われた演出が発端であり(当然、それに乗じて通常の席に座っていた人も行った)、以降この曲がライブで演奏されると客席で「プロペラ」が行われ、『[[B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-]]』ではこれを使った演出が行われた。