「カナダの総督」の版間の差分

編集の要約なし
m
|flagcaption = 総督旗
|imagesize = 200px
|image = Julie Payette 2017The_Honourable_Richard_Wagner.jpg
|incumbent = [[ジュ{{ill2|チャペイエット]]ワグナー|en|Richard Wagner (judge)}}第29)<br/>JulieRichard PayetteWagner
|incumbentsince = [[20172021年]][[101221日]]
|status = [[総督]]<br/>([[カナダ]][[元首]]代理)
|residence = [[リドー・ホール]]([[オタワ]])<br />[[シタデル (ケベック)|シタデル]]([[ケベック・シティ]])
「カナダ国王(イギリス国王)」代理として、長らくイギリス系白人男性のみが総督となっていた。これは20世紀後半から次第に変化し、性別、人種、民族などの多様性にも配慮した人選となった。
 
[[フランス系カナダ人|フランス系人]]初のカナダ総督は1959年の19代目で、[[モントリオール]]出身の軍人{{仮リンク|ジョルジュ・ヴァニエ|en|Georges Vanier#Governer General of Canada}}である。1984年5月14日には、女性初、[[フランス系カナダ人]]の{{仮リンク|ジャンヌ・ソーベ|en|Jeanne Sauvé}}が第23代総督に就任した。1999年と2005年に続けて2人の女性総督が誕生した。第26代総督[[エイドリアン・クラークソン]]は香港系カナダ人(アジア系)、第27代総督[[ミカエル・ジャン]]はハイチ系カナダ人(黒人系)。現職(2017年10月2日より)の第29代総督[[ジュリー・ペイエット]]は[[宇宙飛行士]]経験者である。
 
各州には、それぞれの州におけるカナダ国王の代理として総督が任命する[[カナダの副総督|副総督]]が置かれている。