「勝南桜聡太」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 経歴 ==
茅ヶ崎市立梅田小学校時代にテレビで[[幕下]]の取組を見て相撲に興味を持った。[[茅ヶ崎市立梅田中学校]]では1年より[[陸上競技]]部に所属して、1500mの[[長距離走]]を専門としていた<ref name="BBMsumo201510p109">[[ベースボール・マガジン社]]刊 『[[相撲 (雑誌)|相撲]]』 2015年10月号(秋場所総決算号) 109頁</ref>。同中学卒業後は[[高校]]に進学せず、陸上競技の活動を継続すべく、独自の筋力トレーニングを研究した。その生活の最中、四股及び摺り足が陸上競技に必要な筋肉の鍛錬に最適である旨を知り、実際に試みて手応えを感じたことで入門を決意。[[北桜英敏|北桜]]と一緒に写真を撮ってもらった際、その人柄に好感を持ったという理由から、北桜が現役引退後に継承し師匠を務める[[式秀部屋]]に単身で訪問し、入門志願を直訴した<ref>{{Cite news |title=序ノ口「服部桜(はっとりざくら)」誕生 |newspaper=タウンニュース茅ヶ崎版 |date=2015-10-23 |url=http://www.townnews.co.jp/0603/2015/10/23/305491.html |accessdate=2017-03-29}}</ref>。この時は両親の承諾が得られていなかったことから、式秀には入門を認められず、自宅へ戻るよう命じられた<ref name=":0">{{Cite news |title=序ノ口力士の敗退行為と今後 |newspaper=日刊スポーツ |date=2016-09-18 |url=http://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/1711245.html |accessdate=2017-03-29}}</ref>。しかし、その後は両親の承諾を得たことで正式に入門が認められて、[[2015年]]9月場所で初土俵を踏んだ<ref name="hatonum">Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春愁、2017年4月10日)p73-75</ref>。
 
本名に因んだ'''服部桜 祥多'''の[[四股名]]で出場した[[前相撲]]では同期で入門した他の3名の新弟子全員と対戦。5日目の3戦目([[武蔵川部屋]]の葉梨戦)では立合い直後に意図的に[[尻餅]]をつく行為に及び、これを[[待った]]と認識した[[両国梶之助|境川]][[勝負審判|審判]]がやり直しを提案したものの、服部桜本人が「待ったではなく、バランスを崩した」<ref name="BBMsumo201510p109" />旨の返答をしたため、[[決まり手]]「[[押し倒し]]」として勝負が成立した<ref>同取組における敗退行為は、前相撲だったこともあり、後述の錦城戦のように取沙汰されることはなかったとされる。</ref>。出世披露では師匠の実弟である元幕内・[[豊桜俊昭|豊桜]]の化粧廻しを締めた<ref name="BBMsumo201510p109" />。
匿名利用者