「頭字語」の版間の差分

(日本語版ですので)
タグ: 手動差し戻し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
;アクロニム('''{{en|acronym}}'''):連なったアルファベットを通常の単語と同じように[[発音]]して読むもの。例: [[後天性免疫不全症候群|AIDS]](エイズ)、[[石油輸出国機構|OPEC]](オペック)、[[北大西洋条約機構|NATO]](ナトー)など。
 
また、頭字語のなかには読み方が混同している例がある。
頭字語のなかには読み方が混同している例があり、例えば[[サービス指向アーキテクチャ]]の頭字語である「SOA」は「エス・オー・エー」とも「ソーア」とも読まれており、イニシャリズムとアクロニムのどちらともいえる。また、[[シリアルATA]]を略して「SATA」と表記した場合に、日本語話者は「サタ」と読むことが多いが英語話者は主に「セイタ」と読むように、母語により読み方が変わる例もみられる。「できるだけ早く」の意味の「ASAP」{{efn|{{lang-en-short|as soon as possible}}}}の場合、「アサップ」とも「エイエスエイピー」とも読める。
 
;イニシャリズムとアクロニムのどちらともいえる例
*[[サービス指向アーキテクチャ|SOA]](サービス指向アーキテクチャ)
::「エス・オー・エー」とも「ソーア」とも読まれる。
*「できるだけ早く」の意味の「ASAP」{{efn|{{lang-en-short|as soon as possible}}}}
::「アサップ」とも「エイエスエイピー」とも読まれる。
 
;母語により分類が変わる例
*[[未確認飛行物体|UFO]](未確認飛行物体)
::日本では「ユーフォー」とアクロニムで読まれることが多いが、英語話者は「ユー・エフ・オー」とイニシャリズムで読むのが主流。
 
;アクロニムで読みが統一されていない例
*[[シリアルATA|SATA]](シリアル[[ATA]])
::日本語話者は「サタ」と読むことが多いが、英語話者は主に「セイタ」と読むのが主流。
 
また、情勢の変化によって頭字語をそのままに構成単語を変更する例も見られる。さらには、暗に複数の意味を持たされたり、構成する語が公式には存在せず頭字語のみの語であるということにされる場合すらある(例:[[DVD]]、[[ニンテンドーDS|DS]]、[[RSS]]、[[SQL]]など、詳細は個々の記事参照)。