「坂口聖香」の版間の差分

編集の要約なし
'''坂口 聖香'''(さかぐち きよか、[[1996年]][[2月5日]] - )は、日本の元女子[[自転車競技]]選手、元[[ガールズケイリン|女子競輪]][[競輪選手|選手]]。[[兵庫県]]出身<ref>{{Cite web|title=坂口 聖香 {{!}} 選手情報 {{!}} ガールズケイリン|url=http://www.girlskeirin.com/players/profile/116/15403_sakaguchikiyoka.html|website=www.girlskeirin.com|accessdate=2020-07-17}}</ref>。
[[日本競輪選手養成所|日本競輪学校]](当時。以下、競輪学校)第116期生。現役競輪選手時代は[[日本競輪選手会]][[京都府|京都]]支部所属、ホームバンクは[[京都向日町競輪場]]。師匠は[http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=012216 武田哲二](65期)<ref>{{cite web |url=https://keirin-marche.jp/enjoy/special/girlscollection04-2/ |title=日刊スポーツ「Girl’s Collection 2019」 坂口聖香選手編 |website=けいりんマルシェ |date=2019-11-20 |accessdate=2021-01-25 }}</ref>
 
ガールズケイリン選手としては先にデビューした[http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=015225 坂口楓華](112期)は実妹<ref name="marche">{{Cite web|title=坂口聖香&楓華 仲良し姉妹レーサー特別対談/「力のミナモト」|url=https://keirin-marche.jp/enjoy/minamoto/m-26/|website=けいりんマルシェ|accessdate=2020-07-17|language=ja}}</ref>。
 
== 来歴 ==
自転車競技をやっていた父の影響で、楓華とともに姉妹で自転車競技を始める。アマチュア時代は主に[[シクロクロス]]、[[ロードレース (自転車競技)|ロードレース]]と中長距離で活躍。[[2014年]]8月の[[ユースオリンピック]]タイムトライアルで1位、そして[[2015年]]12月、[[2016年]]12月と2年連続で全日本選手権自転車競技大会シクロクロス1位となるなど実績を残す<ref>{{Cite web |format=PDF|url=http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2018khn/01/pdf/20180111_01_08.pdf |title=第116回生徒 主なる合格者 |publisher=KEIRIN.JP |date=2018-01-11 |accessdate=2021-01-24 |archiveurl= |archivedate= }}</ref>。その後、楓華がガールズケイリンで活躍する姿に触発されて<ref name="marchejp180111" />競輪学校第116期生入学試験を受験し合格<ref>{{Cite web |url=http://keirin.jp/pc/topicsdetail?nnum=1300 |title=日本競輪学校第115回及び第116回生徒一般入学試験合格者の発表について |publisher=KEIRIN.JP |date=2018-01-11 |accessdate=2021-01-24 |archiveurl= |archivedate= }}</ref>。その後、妹の楓華がガールズケイリンで活躍する姿に触発され<ref name="marche" />、競輪学校第116期生入学試験を受験し合格<ref name="jp180111" />。
 
競輪学校を卒業後、[[2019年]][[7月8日]]、[[奈良競輪場|奈良]]FIでデビュー。初勝利は同年[[8月23日]]の地元・向日町FI2日目第6レースL級予選2。
 
決勝にも時々進出するなどしており平均競走得点は50点前後で推移したが、[[2020年]][[7月1日]]の[[松阪競輪場|松阪]]FII最終日1Rで失格したのを最後にレースから離れ、以後一度も出走することなく[[2021年]][[1月20日]]、選手登録消除。通算戦績74戦4勝。
 
== 脚注 ==