「龍が如くシリーズの登場人物」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
; 堀ノ内 十郎(ほりのうち じゅうろう)
: 声 - [[楠大典]]
: 『7』に登場した[[警視庁]][[警視総監]]。20年前に資産家夫婦の強盗殺人事件を担当しており、その当時近所に住む前科持ちのアリバイがあやふやだった久住という男を容疑者として逮捕したが、その後の捜査により久住にはれっきとしたアリバイがあることや完全にシロであることを知り、それでも警視庁栄転の話があった事から「誤認逮捕」と言う失態により転任解消という事態を恐れ、当時釈放すべきだと訴えていた足立を始めとする捜査員の主張を無視し、冤罪と知りながらも久住を容疑者と断定して刑務所に送ることにした。その後、警視庁に転任し、東京都知事・青木遼が打ち出した「神室町3K作戦」に乗じて神室町を手中に収めようとする近江連合の活動を目こぼしする見返りに他の警視庁幹部らと共に荒川組から賄賂を受け取った。また、18年前の大晦日には七福通りにある「Culb Zephyr」内にて、在籍していた夢乃を指名して接客させていたところ、夢乃の誕生日祝いに来店した荒川真斗と春日に遭遇して一悶着あったが、その際に真斗の常識外れの飲み方や金の使い方に半ば呆れていた夢乃に対して「巻き上げるだけ巻き上げて売ればいい」と助言した。終盤では春日達が仕掛けた「青木が荒川殺害を示唆する音声データがある」という罠に嵌まり、荒川組事務所に駆けつけた天童らの手によって沢城のパソコン内から「賄賂リスト」が見つかった上に足立がそれらのデータを警視庁監察に送ったことで表沙汰になる。その後は足立に匿名で新神室町警察署屋上に呼び出され、大義名分の部分もありながらもそれに乗じて私腹を肥やしていた事を暴露された後はその場に駆けつけた部下達によって「警務部監察官から話がある」という形で連行された。
: また、18年前の大晦日には七福通りにある「Culb Zephyr」内にて、在籍していた夢乃を指名して接客させていたところ、夢乃の誕生日祝いに来店した荒川真斗と春日に遭遇して一悶着あったが、その際に真斗の常識外れの飲み方や金の使い方に半ば呆れていた夢乃に対して「巻き上げるだけ巻き上げて売ればいい」と助言した。
: 終盤では春日達が仕掛けた「青木が荒川殺害を示唆する音声データがある」という罠に嵌まった青木の命令で荒川組事務所に駆けつけた天童らの手によって沢城のパソコン内から「賄賂リスト」が見つかった上、足立がそれらのデータを警視庁監察に送ったことで表沙汰になる。その後は足立に匿名で新神室町警察署屋上に呼び出され、大義名分の部分もありながらもそれに乗じて私腹を肥やしていた事を暴露された後はその場に駆けつけた部下達によって「警務部監察官から話がある」という形で連行された。
: なお、18年前の真斗との一件は覚えておらず、妻となった夢乃共々青木が真斗だとは気づいていなかった。
 
=== 大阪府警察 ===
匿名利用者