「勝南桜聡太」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
2019年3月場所では、7番相撲を終えて7戦全敗であったが、千秋楽に[[八番相撲]]が組まれた。しかし、対戦相手の渡部([[尾車部屋]])に敗れ「0勝8敗」となった。1960年7月場所より幕下以下一場所7番制が導入されて以降、1984年9月場所の佐野(東序ノ口50枚目・[[二所ノ関部屋]])が記録して以来約35年ぶり2例目の「一場所0勝8敗」で、[[平成]]では唯一の珍記録となった。
 
2019年5月場所2日目、[[令和]]最初の取組・北島([[朝日山部屋]]・現在の四股名は志摩錦)との対戦では「元号が変わり、違う自分を見せよう」と臨んだが、防戦一方のまま突き出された。敗北原因について取組後の取材では「相手が新弟子で情報が少なかったこともあり緊張した」と敗因を自己分析し、令和での飛躍を誓った<ref name="kachikoshimezashiteganbaruzo"/><ref>[https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000024-asahi-soci 大相撲、歴代ワースト89連敗の服部桜、令和の初戦は…]</ref>。
 
2019年7月場所3日目・2番相撲では、山本([[朝日山部屋]]・現在の四股名は錦丸)との対戦で立ち合いから一気に攻め込んで土俵際まで押し込み、土俵際で山本の[[下手投げ]]に倒れながらも寄り倒し、軍配は服部桜に上がったものの[[物言い]]がつき、山本の下手投げで服部桜の足が先に土俵の外に出ていたとして、行司軍配差し違いとして敗れた。自身の取組で物言いがついたのは初めてであったが、結局同場所も同取組を含めて負け続け7戦全敗、13日目・7番相撲では同日のみ出場した[[村田亮|村田]]([[高砂部屋]])と対戦したものの立合一瞬の押しを受け、両足が同時に宙に浮く程の勢いで押し倒された。翌9月場所以降も尻込みする相撲が目立ち連敗が続き、2020年11月場所終了時点で75連敗中となっている。また、2020年も1年間5場所皆勤しながらも1勝も挙げることが出来なかった。
 
以降も尻込みする相撲が目立ち連敗が続き、2020年も1年間5場所皆勤しながらも1勝も挙げることが出来なかった。
尚、2020年3月場所も13日目の7番相撲を終えて7戦全敗であったが、14日目に千代大宝(九重部屋)との対戦で八番相撲が組まれ、これにも敗れ自身2回目の「0勝8敗」。上述の通り、'''同一の力士が幕下以下で「0勝8敗」を複数回記録したケースは史上初'''とされる。さらに2020年9月場所、2021年1月場所でも八番相撲が組まれていずれも敗れ、通算4度の八戦全敗を記録している。
 
尚、2020年3月場所も13日目の7番相撲を終えて7戦全敗であったが、14日目に千代大宝(九重部屋)との対戦で八番相撲が組まれ、これにも敗れ自身2回目の「0勝8敗」。上述の通り、'''同一の力士が幕下以下で「0勝8敗」を複数回記録したケースは史上初'''とされる。さらに2020年9月場所及び2021年1月場所でも八番相撲が組まれていずれも敗れ、通算4度の八戦全「0勝8を記録している。
 
2021年1月場所より、四股名を'''勝南桜 聡太'''に改名。由来は、出身の「湘南」地方と「勝つ」と師匠の現役時代の「桜」を掛け合わせたものとされる<ref>[https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202012230001060.html 75連敗中の服部桜が改名、勝南桜で勝つ!/新番付] 日刊スポーツ 2020年12月24日6時0分 (2020年12月25日閲覧)</ref>。尚、ファーストネームの「聡太」は、自身が[[将棋]]好きであることから、プロ棋士[[藤井聡太]]に肖ったという<ref>[https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/202101110000116_m.html 勝南桜76連敗 地元と藤井2冠にあやかり改名も…]日刊スポーツ2021年1月11日11時0分(2021年1月11日閲覧)</ref>。