「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」の版間の差分

→‎コーナー: 内容訂正
(→‎コーナー: 内容訂正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
* '''イライラじゃんけん'''
:普段あまりイライラすることのない、自称平和主義の大倉と高橋でもイライラしてしまうのではないかと思われることについてリスナーからメールを募り、対決形式で紹介するコーナー。イライラした回数が先に通算20回へと達した方が罰ゲームを行う予定。対決では基本3試合行われる。時間によっては2試合。内容は日常的に起こりうる行動から、日常ではあり得ない状況がある。日常ではあり得ない状況は「ペットの[[スガシカオ]]が逃げて、[[山崎まさよし]]を飼い始める」「お腹が痛い最中に[[蒼井優]]にトイレの場所を聞くと「人には人の乳酸菌」とだけ言われ、トイレを教えてくれない」「[[シルベスター・スタローン]]に騙され、窮地に追い込まれているのをスタローンが高笑いで見ている」「高橋優が「ぶーこりん」なる不思議ちゃんアイドル」(名前は「高橋優子」。一人称は「ぶーこ」で、きりたんぽの馬車に乗っている。秋田では『ずんだももか姫』と呼ばれている)。BGMは[[Rage Against the Machine]]の『[[Guerrilla Radio]]』(総合格闘技[[PRIDE (格闘技イベント)|PRIDE]]のテーマ曲。)
: '''season1''' - 大倉忠義の勝ち:敗者高橋優の罰ゲーム [[2015年]]8月22日『0時より秋田弁禁止。喋れば1回(イントネーションは回数には含まれない)につき罰金1,000円(イライラじゃんけんではプラス英語禁止)』-結果的に70回喋り、ニッポン放送に70,000円支払う。罰金はノベルティの費用に充てられたことになっている。リスナーからは「80回以上話していた」とクレームが来たが、ディレクター判断の回数が金額化された。ちなみにその日の所持金は24,000円だったため、後日支払った。確定前の罰ゲームは「秋田の実家に[[だんじり]]が突入する」。
: '''season2''' - 大倉忠義の勝ち:敗者高橋優の罰ゲーム [[2015年]]10月24日『0時より[[新潟]]で街中でリスナーを探して街頭インタビューする。達成出来ない場合はお米10人分プレゼント』-高橋はツアーで新潟県にいた(この日の放送は大倉が有楽町、高橋が新潟の特設スタジオで二元中継で行われた)。高橋ファンに見つかり大パニックが起こり人に囲まれた。さらに高橋は10月の新潟の夜中に半袖で街頭インタビューしたため寒さに震え自滅。
: '''season3''' - 大倉忠義の勝ち:敗者高橋優の罰ゲーム [[2016年]]2月20日『行列の出来る高橋優オールスター人生相談所』-番組スタートからまもなく一周年を迎えるにあたり、これまで登場した高橋優のキャクターを総括する意味も込めてリスナーが指定したキャラになりきり、人生相談に真剣に答えていく。罰ゲーム執行中に登場したキャラクターは[[B'z]]の[[稲葉浩志]]をはじめ、[[さかなクン]]・[[平井堅]]・[[エディ・マーフィ]]・[[悪橋優]]などバラエティ豊富。エンディングでは、自ら一人[[サザエさん (テレビアニメ)|サザエさん]]を披露し、大倉からはむちゃぶりで[[松井秀喜]]や[[タモリ]]などを完璧にこなし、罰ゲーム終了。
5

回編集