「フッ素19核磁気共鳴」の版間の差分

m
m (→‎関連項目: 1H, 13C)
[[File:19FNMR C6F3H2Br.png|thumb|1-ブロモ-3,4,5-トリフルオロベンゼンの<sup>19</sup>F NMRスペクトル。拡大図はパラ位フッ素の2つのメタ位フッ素および2つのオルソ位プロトン核へのカップリングから生じる[[J結合|スピン-スピンカップリング]]パターンを示している。]]
 
'''フッ素19核磁気共鳴'''(フッそ19かくじききょうめい、<sup>19</sup>F NMR)は、[[フッ素]]を含む化合物の同定に使われる分析技術である。 <sup>19</sup>Fは[[NMR分光法]]のための最も重要な核種の一つである<ref>H. Friebolin "Basic One- and Two-Dimensional NMR Spectroscopy", Wiley-VCH, Weinheim, 2011. {{ISBN|978-3-527-32782-9}}</ref>。
 
==操作の詳細==
==出典==
<references/>
 
== 関連項目 ==
* [[プロトン核磁気共鳴|<sup>1</sup>H NMR]]
* [[炭素13核磁気共鳴|<sup>13</sup>C NMR]]
 
{{DEFAULTSORT:ふつそ19かくしききようめい}}
[[Category:核磁気共鳴]]
[[Category:フッ素]]
 
 
{{chem-stub}}