「宮原義照」の版間の差分

編集の要約なし
(categoryを追加しました。)
'''宮原 義照'''('''みやはら よしてる'''、[[天正]]4年([[1576年]]) − [[慶長]]7年[[1月10日 (旧暦)|1月10日]]([[1602年]]))は、[[旗本]]。[[宮原義勝]](足利義勝)の長男。母は[[真里谷信政]]の娘。通称は勘五郎。
 
父方の祖父は[[足利晴直]](上杉憲広)である。『[[寛政重修諸家譜]]』によれば、義照から宮原姓を称したという。天正18年([[1590年]])[[徳川家康]]に御目見をする。[[下野国]][[足利郡]]内において1040石を与えられて、諸役免除を申し渡される。天正19年([[1591年]])足利郡駒場村に居所を移す。それまでは[[上総国]]宮原を居所にしていたようである。慶長5年([[1600年]])[[関が原の合戦]]に際し、[[徳川秀忠]]に従い、[[上田城]]攻めに参加する。慶長7年(1602年)1月10日死去、27歳。
匿名利用者