「ユリア (アグリッパの娘)」の版間の差分

小ユリアの血筋は娘アエミリア・レピダ(紀元前5年/4年/3年頃 - 紀元43年/紀元53年)とその子孫を通じて存続している。アエミリア・レピダはマルクス・ユニウス・シラヌス・トルクアトゥス(紀元前24年頃 - 39年)と西暦13年前後に結婚。以下の3男2女(もしくは3女、4女)いる。
 
*マルクス・ユニウス・シラヌス・トルクァトゥス(14年~19年 - 54年)- 46年に[[コンスル]]。ドミティア・マグナ(グナエウス・ドミティウス・アフェルとコルネリア・シナマグナの娘)と結婚。
**マルクス・ユニウス・シラヌス・トルクァトゥス(50年- 66年もしくは40年 - 65年) - 上記の子
 
*ユニア・レピディア・シラナ(15年~20年 - 59年)- ガイウス・シリウス(48年没)と結婚。シリウスは[[クラウディウス]]の3番目の妃[[メッサリナ]]と姦通し、処刑された。子供は無かったと見られる。
 
*ユニア・カルウィナ(15年頃もしくは25年頃- 79年頃)- 後の皇帝[[ウィテリウス]]の弟ルキウス・ウィテリウス(16年頃 - 69年)の最初の妻。49年に実の兄弟のルキウスと近親相姦の疑いがかけられた為、追放。離婚した。
 
*ティリアリア(?-69年。ユニア・カルウィナ・ミロニア・カエケニア・アルバ・テレンティア)- ルキウス・ウィテリウスの2番目の妻(49年に結婚)。69年、義兄である皇帝ウィテッリウスに反乱を起こしたウェスパシアヌスの兄テゥトゥス・フラウィウス・サビヌスと内通したことを非難され、密かにウィテッリウス帝によって、テルニで殺害された
 
*ユニア・レピダ(18年頃/23年頃 - 65年) - ガイウス・カッシウス・ロンギヌス(前13年頃 - 69年)と結婚。1男1女あり。
匿名利用者