「綾波レイ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
記憶を保存する作業をしている際、首輪にREI-02と書かれている事から、原作と同じく2人目のレイである事が判明している。
 
アスカにはゲンドウの姪のような親族で、エヴァのパイロットに縁故採用されたと思われており、「えこひいきエコヒイキ」と呼ばれている。
 
また、EVAに搭乗することを拒否したシンジがNERVを去る際にゴミ箱に捨てた[[DAT|S-DAT]]を、ゲンドウの眼鏡の代わりに零号機のコクピットに持参し、「碇くんがもう二度とエヴァに乗らなくてもいいようにする」という決意で第10の使徒との戦いに臨むなど、彼女にとってシンジが大切な存在になっていることがより明確に描写される。旧世紀版と同様、N<sup>2</sup>兵器を使い第10の使徒を特攻の形で殲滅しようとした際には、起爆の直前、援護してくれた2号機と搭乗者(マリ)が爆発に巻き込まれることを避けるため、「ありがとう」の言葉と共に後方へ払い飛ばした。
163

回編集