「経 (仏教)」の版間の差分

編集の要約なし
(仏典に転記し、en:Sutra&oldid=998554935 を翻訳)
タグ: サイズの大幅な増減
{{Redirect|スートラ|ドノヴァンのアルバム|スートラ〜教典}}
{{Infobox Buddhist term
| title = スッタ, スートラ
| en = thread
| pi = sutta (スッタ)
| sa = sūtra (スートラ)
| my =
| my-Latn =
}}
[[File:A Sanskrit manuscript of Lotus Sutra in South Turkestan Brahmi script.jpg|thumb|upright=1.2|[[ブラーフミー文字]]で記された、[[法華経]]の[[サンスクリット語]]写本]]
'''経'''(きょう '''スートラ'''({{lang-sa-short|sūtra}}'''スッタ'''({{lang-pi-short|sutta}})とは、[[仏典]]のひとつであり、[[釈迦]]が説いた教え([[法 (仏教)|法]],ダルマ)を記録した聖典のこと。[[三蔵]]を構成する、[[律 (仏教)|律]](ヴィヤナ)、経(スートラ)、[[論 (仏教)|論]](アビダルマ)の一つをなす。
 
'''スートラ'''({{lang-|sa-short|sūtra}})の原義は「糸」のことで、元々は[[バラモン教]]において『[[ヴェーダ]]』のためにまとめられた散文綱要書を指して呼んでいたが、後にバラモン教・[[ヒンドゥー教]]の様々な文献や仏教の文献にも、この呼称が採用されていった<ref>[http://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9 スートラとは] - [[世界大百科事典]]/[[コトバンク]]</ref>。
 
仏教用語の ''sutta'', ''sutra''はおそらくサンスクリット語の ''sūkta'' (''su'' + ''ukta'')に由来しており、「よく話されている」ことを意味し、これは「仏陀によって話されたものはすべてよく話された」との信念からであろう<ref name=norman1997p104>K. R. Norman (1997), ''A philological approach to Buddhism: the Bukkyo Dendo Kyokai Lectures 1994''. (Buddhist Forum, Vol. v.)London: School of Oriental and African Studies,p. 104</ref>。