「異音」の版間の差分

m (撥音のンは/N/と表記。/n/は子音のnのこと(音素#日本語の音素を参照) Srtk613 (会話) による ID:79309107 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
同一言語の方言間等で、話者は同一音と意識しているが正確には異音として現れている場合、その観念上の同一音のことを'''類音'''({{lang-en-short|''diaphone''}}, [[:en:Diaphoneme|Diaphoneme]])と言う。
 
== 概説 条件異音==
[[日本語]]の[[は行|ハ行]]子音  /h/  には[[無声声門摩擦音]] {{IPA|h}},[[無声硬口蓋摩擦音]] {{IPA|ç}},[[無声両唇摩擦音]] {{IPA|ɸ}}  という3つの異音がある。また、[[朝鮮語]]において音節頭の  /p/  ({{lang|ko|[[ㅂ]]}})には[[無声両唇閉鎖音]] {{IPA|p}},[[有声両唇閉鎖音]] {{IPA|b}}  の2つの異音がある。これらの異音は任意に現れるのではなく、前後の音環境によって現れる条件が決まっている。日本語の /h/ の場合、{{IPA|h}} は母音 /a, e, o/ の直前において、{{IPA|ç}} は母音 /i/ の直前において、{{IPA|ɸ}} は母音 /u/ の直前においてあらわれるというように「住み分け」がなされている('''[[相補分布]]''')
 
朝鮮日本語の  /ph/ の場合、{{IPA|h}} は母音 /a, も同様e, o/ の直前おいて、{{IPA|pç}}  語頭母音 /i/ の直前において、{{IPA|bɸ}}  は母音 /u/ の直前においてあらわれるというように「住み分け」がなされている('''[[相補分布]]''')。朝鮮語の /p/ も同様に、[p] は語頭において、[b] は語中(有声音間)において現れるというように、それぞれの異音が現れる条件が決まっている。このようにして、いかなる音環境で現れるかという条件が決まっている異音を'''条件異音'''という
 
一方、日本語このようおいて、語末に現れいかな /N/ ([[ん]])は[[口蓋垂鼻音]] {{IPA|ɴ}} と[[軟口蓋鼻音]] {{IPA|ŋ}} の2つがあるが、2つの異音が環境で現れる音的な条件は必ずしも一定しておらず、発話ごに、あるは話者ごとに現れ方が異なりる。このように現れる条件が決まっていない異音を'''自由条件異音'''という。
 
条件異音は[[音素]]として区別されないため、発音の別は母語話者には無意識に行われており、音声学的注意を払って認識しようとしない限り、母語話者はそれを聞き分けることができない。
=== 日本語五十音の例 ===
 
==自由異音==
一方、{{要出典範囲|date=2021年2月|日本語において、語末に現れる撥音 /N/ ([[ん]])は[[口蓋垂鼻音]] {{IPA|ɴ}} と[[軟口蓋鼻音]] {{IPA|ŋ}} の2つがあるが、2つの異音が現れる音的な条件は必ずしも一定しておらず、発話ごとに、あるいは話者ごとに現れ方が異なりうる。}}このように現れる条件が決まっていない異音を'''自由異音'''という。
 
=== 日本語五十音の例 ===
[[五十音]](抜粋)の日本人の日常の音声学的発音(→[[日本語の音韻]])。子音の異音が現れ、各行内で単一種類の子音が用いられない。