「異音」の版間の差分

編集の要約なし
m
 
====上代特殊仮名遣 オ段甲乙====
[[上代特殊仮名遣]]のオ段音の甲乙の別を条件異音とする説がある<ref>松本克己 (1975-03). “古代日本語母音組織考 -内的再建の試み-”. 金沢大学法文学部論集文学編 (22).</ref><ref>森重敏(1975)「上代特殊仮名遣とは何か」萬葉 89, p1~47</ref>。特に[[藤井游惟]]は、上代特殊仮名遣のオ段甲乙の書き分けは、朝鮮語を母語とする[[百済]]からの[[帰化人]]書記官たちが、朝鮮語の音韻感覚で日本語の条件異音を聞き分け、書き分けたものでとしている<ref name = 藤井>藤井游惟(2007)『白村江敗戦と上代特殊仮名遣い―「日本」を生んだ白村江敗戦 その言語学的証拠 』東京図書出版会</ref>。
 
{{See|上代特殊仮名遣#定説への反論|上代特殊仮名遣#オ段甲乙の存否}}
 
==自由異音==
一方、{{要出典範囲|date=2021年2月|日本語において、語末に現れる撥音 /N/ ([[ん]])は[[口蓋垂鼻音]] {{IPA|ɴ}} と[[軟口蓋鼻音]] {{IPA|ŋ}} の2つがあるが、2つの異音が現れる音的な条件は必ずしも一定しておらず、発話ごとに、あるいは話者ごとに現れ方が異なりうる。}}また、日本語標準語話者において、唇の[ɯ]と発音する「鵜」などの単語を強調して発音すると、より明瞭な/ウ/である円唇の[u]として発音することがある<ref name = 藤井/>。このように現れる音的条件が決まっていない異音を'''自由異音'''という。
 
== 関連項目 ==