「異音」の版間の差分

m
 
=== 日本語五十音 ===
[[五十音]](抜粋)を単独で発音した場合の日本人の日常の音声学的発音(→[[日本語の音韻]])。続く母音に依り子音の条件異音が現れ、各行内で単一種類の子音が用いられない。(ただし、タ行やハ行など、近年の外来語の流入で、日本人自身が聞き分けられる条件異音が多い。)なお、前に音節が付く場合、さらに条件異音が発生する。
 
{| class="wikitable" style="text-align:right"