「日野草城」の版間の差分

など。「ホトトギス」の沈滞期に若々しく新鮮な感性を持って登場し、同誌ではのちの「4S」の先駆けとも言える役割を果たした<ref>『日野草城』 152頁</ref>。初期の句は写生の基礎をしっかりとふまえつつ、華美な作品世界を構築、「ホトトギス」離脱以降は自ら無季俳句や連作俳句によって現代の世相やフィクションを取り入れた句を積極的に作り、病を得て以降は一転して穏やかな日常のなかに見出す喜びや悲しみを詠んだ<ref>『現代俳句大事典』 469頁</ref>。[[山本健吉]]は草城を「極端な早熟型の極端な晩成型」と評し、初期・中期に対して後期の作品を評価している<ref>『定本 現代俳句』 164頁</ref>。
 
「ところてん」は1922年作。[[鈴鹿野風呂]]らと俳句の夏稽古をした際、野風呂にふるまわれて初めて[[ところてん]]を眼にした草城は、たちどころにこの句を含む20句ばかりの「ところてん」の句を作り野風呂を驚かせた<ref>『日野草城』 11頁</ref>。「高熱の鶴」は、それまで草城を「でれ助」呼ばわりしていた[[神田秀夫]]にその評価を一転させた句で、この句にちなんで草城の忌日は凍鶴忌とも呼ばれる<ref>『日野草城』 116頁</ref>。「見えぬ眼の」は片目を失ってから作られたもので、草城の無季句の代表作。この句は草城の死後、門下によって[[豊中]]の[[服部緑地]]公園に立てられた草城の句碑に、「春暁や」の句のほか3句とともに刻まれている。建立の際には川柳性を云々して反対する委員もおり、この句を入れるかどうかで議論が紛糾したが、草城の追悼文で[[山口誓子]]が称揚したことが決め手となったという<ref>『日野草城』 156頁</ref>。
 
== 著書 ==