「不発弾処理 (自衛隊)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
タグ: 2017年版ソースエディター
[[ファイルFile:Bomb disposal in Sendai Airport.jpg|thumb|250px|right|不発弾処理を行う陸上自衛隊(2012年11月、仙台空港)]]
[[ファイルFile:A10K1757 災害派遣等 28.jpg|サムネイルthumb|250px|right|市街地での不発弾処理。信管を抜き安全化した500ポンド焼夷爆弾(2012年10月21日 東京都港区元赤坂)<ref>[http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/ea/gallery/2411a.html 東部方面隊〔陸上自衛隊〕写真で見る東部方面隊 2012年10月21日 【第102不発弾処理隊不発弾処理】-港区元赤坂-]</ref>]]
[[自衛隊]]が行う'''不発弾処理'''は、[[自衛隊法]]附則第14条(防衛省移行に伴い附則第4条)により定められた自衛隊業務のひとつ。発見された[[不発弾]]を処理し、除去する業務である<ref name="mod2012">{{Cite web|url=http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2012/2012/html/n3431000.html |title=防衛省・自衛隊と地域社会・国民とのかかわり |author=防衛省 |date= |work=2012年防衛白書 |publisher= |accessdate=2016-08-09 }} 災害派遣とは根拠条文が異なる。</ref>。第二次世界大戦後、[[通商産業省]]等<!---アメリカ軍含む--->が行ってきた業務を引き継ぎ、1958年より自衛隊が不発弾処理を行うようになった<ref>{{Cite web|url=https://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/hoan/hoan19580704.pdf |title=陸上において発見された不発弾等の処理について |author=警察庁 |date=1958|work= |publisher= |accessdate=2016-08-09 }} {{Cite web|url=http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/houritsu/02819580523164.htm |title=法律第百六十四号(昭三三・五・二三) 自衛隊法の一部を改正する法律 |author= |date=1958-05-23 |work= |publisher= |accessdate=2016-08-09 }}</ref>。原則として、陸上で発見された不発弾及び漂着[[機雷]]等は陸上自衛隊が処理し、浮遊機雷や海上自衛隊が直接通報を受けた漂着機雷等は海上自衛隊が処理する<ref>{{Cite web|url=https://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/hoan/hoan20141225-1.pdf |title=不発弾等の取扱いについて(通達) 警察庁丁保発第205号 |author=警察庁生活安全局保安課長 |date= 2014-12-25|work= |publisher= |accessdate= 2016-08-08}}</ref>。
 
|-
! 2015年5月9日
| 大阪市浪速区 || 直径0.6m60cm,長さ1.8m180cm || 避難対象住民2200人<ref>{{Cite web|date=2015-5-9|accessdate=2015-5-9|url=http://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000308345.html|title=不発弾の処理について|publisher=大阪市}}</ref>
|-
! 2019年6月23日
| 名古屋市千種区 || 直径35cm,長さ120cm || 避難対象住民3300人<ref>{{Cite news|date=2019-6-23|accessdate=2019-6-24|url=https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019062390235736.html|title=名古屋の不発弾、撤去無事終了|newspaper=中日新聞}}</ref>
|-
! 2021年1月31日
| 安芸市東浜 || 直径44cm,長さ133cm || 避難対象住民500人<ref>{{Cite web|title=YouTube|url=https://www.youtube.com/|website=www.youtube.com|accessdate=2021-02-03|language=ja-JP}}</ref>
|}