「最高裁判所事務総局」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: Refタグつき記述の除去
 
[[ファイル:最高裁判所機構図.png|thumb|right|400px|最高裁判所の機構図]]
{{Infobox 組織
|名称 =
|正式名称 =
|英文名称 =
|ロゴ =
|ロゴサイズ =
|ロゴ説明 =
[[|画像 = ファイル:最高裁判所機構図.png|thumb|right|400px|最高裁判所の機構図]]
|画像サイズ = 400px
|画像説明 = 最高裁判所の機構図
|地図 =
|地図サイズ =
|地図説明 =
|地図2 =
|地図2サイズ =
|地図2説明 =
|略称 = 最高裁事務総局
|愛称 =
|名の由来 =
|標語 =
|前身 = 最高裁事務局
|合併先 =
|後継 =
|設立 = 1947
|設立者 =
|設立地 = 東京都
|解散 = <!-- 解散年 -->
|合併元 =
|種類 =
|地位 = [[wikisource:最高裁判所事務総局規則/1947|最高裁判所事務総局規則]](昭和22年[[最高裁判所規則]]第10号)
|目的 =
|本部 =
|所在地 = 東京都千代田区隼町4番2号
| 緯度度 = |緯度分 = |緯度秒 =
| 経度度 = |経度分 = |経度秒 =
|会員数 =
|言語 = <!-- 公用語 -->
|事務局長 =
|幹部呼称 =
|幹部氏名 =
|人物 = <!-- 重要人物 -->
|機関 =
|加盟 =
|提携 =
|関連組織 = [[裁判官会議]]
|予算 =
|スタッフ = <!-- 職員数 -->
|ボランティア =
|ウェブサイト =
|補足 = <!-- 特記事項 -->
|旧称 =
|注記 = <!-- 注記欄 -->
}}
 
'''最高裁判所事務総局'''(さいこうさいばんしょじむそうきょく)は、[[日本]]の[[最高裁判所 (日本)|最高裁判所]]において、その[[庶務]]を掌らせるために置かれる機関<ref>裁判所法第13条</ref>。法律上は[[最高裁判所長官]]の監督の下、[[最高裁判所事務総長]]によって掌理される<ref>裁判所法第53条</ref>。[[2016年]](平成28年)度の定員は事務総長を含み644名である。
 
 
== 沿革 ==
* [[1947年]](昭和22年)12月1日 - 設立。最高裁判所事務局規則によって設置されたが、事務局には[[最高裁判所事務総長|事務総長]]の外、裁判所事務官(1級~3級)と裁判所技官(2級~3級)が任官した{{efn|[[wikisource:最高裁判所事務総局規則/1947|最高裁判所事務局規則]](1947年) - Wikisource。}} 。初代事務総長は愛知大学の理事兼教授[[本間喜一]]である。{{要出典|[[日本国憲法]]施行後、[[司法省|司法]][[官僚]]のうち、判事であった者が[[最高裁判所 (日本)|最高裁判所]]の内部へ多数移籍し、[[裁判所法]]に基づいて最高裁判所事務局を設立。[[大日本帝国憲法]]の時代に司法省が有していた[[司法行政権]]の全てを継承する。|date=2021-02-04}}
* [[1948年]](昭和23年) - 裁判所法改正により、最高裁判所事務局から最高裁判所事務総局へと改称。
* [[1952年]](昭和27年) - 最高裁判所事務総局規則を改正し、員数や着任資格の規定を「'''最高裁判所規程'''」に移す{{efn|最高裁判所規程は官報に掲載されない。}}。
* [[2001年]](平成13年) - 司法行政文書の情報公開制度の実施に伴い、[http://www.courts.go.jp/about/siryo/johokokai01/index.html 最高裁判所の保有する司法行政文書の開示等に関する事務の取扱要綱]を施行(2006年(平成18年)改正)<ref>ただし、現行の『司法行政文書の開示等に関する事務の取扱要綱』は、制度としては極めて不十分で、司法行政文書の種類によっては最高裁判所事務総局の裁量で文書を開示しない自由もあり、実際に開示される司法行政文書は全体のごく一部分に過ぎない(新藤宗幸『司法官僚 裁判所の権力者たち』213-218ページ)。</ref>。
 
== 組織 ==
* [[最高裁判所事務総長|事務総長]]([[今崎幸彦]])
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
<references/>
{{notelist}}
 
== 関連項目 ==