「最高裁判所事務総局」の版間の差分

 
== 沿革 ==
* [[1947年]](昭和22年)12月1日 - [[日本国憲法]]施行後に[[裁判所法]]に基づいて最高裁判所事務局を設立。最高裁判所事務局規則によって設置されたが、事務局に[[最高裁判所事務総長|事務総長]]の外、裁判所事務官(1級~3級)と裁判所技官(2級~3級)が任官した{{efn|[[wikisource:最高裁判所事務総局規則/1947|最高裁判所事務局規則]](1947年) - Wikisource。}} 。初代事務総長は愛知大学の理事兼教授[[本間喜一]]である。{{要出典|[[日本国憲法]]施行後、[[司法省|司法]][[官僚]]のうち、判事であった者が[[最高裁判所 (日本)|最高裁判所]]の内部へ多数移籍し、[[裁判所法]]に基づいて最高裁判所事務局を設立。[[大日本帝国憲法]]の時代に司法省が有していた[[司法行政権]]の全てを継承する。|date=2021-02-04}}
* [[1948年]](昭和23年) - 裁判所法改正により、最高裁判所事務局から最高裁判所事務総局へと改称。
* [[1952年]](昭和27年) - 最高裁判所事務総局規則を改正し、員数や任官資格の規定を「'''最高裁判所規程'''」に移す{{efn|最高裁判所規程は官報に掲載されない。}}。