「LIVE-GYM」の版間の差分

→‎2019年以降: 『-5 ERAS 8820-』の加筆
m (再配信は今週の土曜からServal0523 (会話) による ID:80979427 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
(→‎2019年以降: 『-5 ERAS 8820-』の加筆)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
初の無観客配信ライブ。本来はB'z初のレジデンシー公演を行う予定だったZepp Hanedaにて5週連続で開催<ref>{{Cite web|url=http://bz-vermillion.com/showcase2020/ |title=B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5|date=2020-09-11 |website=B'z Official Website |publisher=VERMILLION RECORDS
|accessdate=2020-09-14}}</ref>。<br />
デビューから32年間を5つの時代にわけ、セットリストや演出、ステージセットなどを総入れ替えで行い、未発表新曲「[[B'zの作品#未音源化曲|YES YES YES]]」を含む計77曲<ref group="注">Day3で楽曲の一部が演奏された「[[ELEVEN (アルバム)|Thinking of you]]」は除く。</ref>が演奏された。<br />
サポートメンバーは過去の日本人メンバーから選出されている<ref>{{Cite news |url=https://natalie.mu/music/news/395929 |title=B'zが5週連続で無観客配信ライブ開催、32年の歴史を振り返る |newspaper=音楽ナタリー |publisher=株式会社ナターシャ |date=2020-09-11 |accessdate=2020-09-11}}</ref><ref>{{Cite news |title=B'z、初の無観客配信ライブを10月末より5週連続開催 |url=https://www.barks.jp/news/?id=1000188815 |newspaper=BARKS |publisher=ジャパンミュージックネットワーク株式会社 |date=2020-09-11 |accessdate=2020-09-11}}</ref>。
2020年12月26日から2021年1月11日まで全5回のアンコール配信が実施された<ref>{{Cite news |title=B'z、5週連続無観客配信ライブ<5 ERAS 8820>のアンコール配信決定|url=https://www.barks.jp/news/?id=1000193750 |newspaper=BARKS |publisher=ジャパンミュージックネットワーク株式会社 |date=2020-12-14|accessdate=2021-02-04}}</ref>。
<br />'''EDSE''' - 「[[RUN (アルバム)|さよならなんかは言わせない]]」(Day1)「[[The 7th Blues|MY SAD LOVE]]」(Day2)「[[GREEN (B'zのアルバム)|Everlasting]]」(Day3) なし(Day4) 「[[B'z The Best "ULTRA Pleasure"|グローリーデイズ]]」(Day5)
|}