「泣いて馬謖を斬る」の版間の差分

つまり、軍律を守るために、目をかけていた馬謖を処刑することとなり、彼のことを思って諸葛亮は泣いたとされている。
 
しかし、『[[三国志演義]]』での諸葛亮は、何故泣くのかを部下[[蒋エン|蒋琬]]に聞かれ、「馬謖のために泣いたのではない」と答えている。諸葛亮は、このとき既に亡くなっている前主君・[[劉備]]に、「馬謖を重く用いてはならない」という主旨の言葉を残されていた。そして、その言葉を守らなかった自分の不明を嘆き、泣いたとされている。
 
現在の日本での使われ方は、下記のようになっており、『[[三国志 (歴史書)|三国志]]』での描写に則したものであると言える。
26

回編集