「岩崎城 (尾張国)」の版間の差分

(→‎ギャラリー: 画像を追加、ならびに最新のものへ変更)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== 現在の岩崎城==
[[File:Iwasaki Castle5.jpg|thumb|岩崎城址公園内の「忠義碑」([[2014年]][[2月13日]]撮影)]]
 
{{quotation|「'''表忠義'''」<br>岩崎城在名古屋之東南距岡崎北距小牧各数里小牧之役城主丹羽氏次従徳川氏之軍弟氏重留守敵将池田信輝欲襲岡崎間道潜兵過其城下氏重年甫十六患痘臥蓐聞敵至蹶然執刀而木起母氏見之喜歎交至謂日汝兄従軍汝以死禦敵我興汝共死不以為憾也取鎧授氏重拝謝揮老幼婦女避干城外妙仙寺跨白馬提長槍而出士卒感奮里民工商懐・・・
|『愛知県史蹟名勝天然記念物調査報告書』「岩崎城址」大正15年より抜粋<ref>愛知県編『愛知県史蹟名勝天然記念物調査報告書』「岩崎城址」愛知県、大正15年至昭和8年、[[2016年]][[8月24日]]閲覧。</ref>}}
 
 
廃城後は300年以上も整備されることは無く、[[本丸]]跡は畑となっていた。[[明治]]43年([[1910年]])に旧[[尾張藩]]士らの手により、岩崎城の戦いで戦死した丹羽軍将兵を慰めるため、「表忠義」の題を持つ記念碑が本丸の櫓台に建てられた。現在でも毎年[[4月9日]]には慰霊祭が行われている。
また[[昭和]]62年([[1987年]])には、[[展望塔]]として五重構造の[[天守閣]](模擬天守)が築城、「岩崎城址公園」として整備され、併設する[[岩崎城歴史記念館]]には岩崎城の歴史や城跡からの出土品などが展示されている。ただし、史実を無視した模擬天守を建築する一方で、一部の遺構を破壊したため、城郭研究者の[[千田嘉博]]に批判されている<ref>千田嘉博『織豊系城郭の形成』東京大学出版会、発行年:[[2000年]]、p50</ref>。
 
また整備中に偶然発見された[[6世紀古墳]]ごろの[[古墳6世紀]]に建てられたとされる)を再現したも跡も公園内に展示されている。その他、二の丸には[[水琴窟]]を持った[[日本庭園]]が造られている。
 
[[File:岩崎城古墳.jpg|thumb|岩崎城古墳(再現)]]
{{quotation|「'''表忠義'''」<br>岩崎城在名古屋之東南距岡崎北距小牧各数里小牧之役城主丹羽氏次従徳川氏之軍弟氏重留守敵将池田信輝欲襲岡崎間道潜兵過其城下氏重年甫十六患痘臥蓐聞敵至蹶然執刀而木起母氏見之喜歎交至謂日汝兄従軍汝以死禦敵我興汝共死不以為憾也取鎧授氏重拝謝揮老幼婦女避干城外妙仙寺跨白馬提長槍而出士卒感奮里民工商懐・・・
|『愛知県史蹟名勝天然記念物調査報告書』「岩崎城址」大正15年より抜粋<ref>愛知県編『愛知県史蹟名勝天然記念物調査報告書』「岩崎城址」愛知県、大正15年至昭和8年、[[2016年]][[8月24日]]閲覧。</ref>}}
 
== 城郭の構造==
201

回編集